Sか。Mか。で愛国心。

高瀬のアイデアネタ帳


私はS♪
どっちが激しくて、どっちがおっとりだっけ?
と覚えられない方が、たまぁ~っにいらっしゃいますので、ちゃんと説明しときますね。
Sは攻めるの頭文字で、Mは守るの頭文字です。
あながち間違ってないでしょ?
で、ここまで話してなんですが、サドとマゾの話をしたいのではありません。

■ S=Sun M=Moon

【引用】
〈SUN、それは、光を自ら発して、何かを与えたいと輝くもの。〉
〈MOON、それは、光をあびることによって、自らを輝かせるもの。〉
【出典】Discover21
名言セラピー++(ダブルプラス)
著:ひすいこたろう

名言セラピー++(ダブルプラス)』で紹介されていました、中村新吾a.k.a.さんのお話です。
SMってそういう意味だったんです。

■ 太陽によって生かされている

太陽といえば、
日本のこころの教育』の境野勝悟さんのお話です。
「生きる」というのはどういう意味か?
「いき」と「る」に分けられるこの言葉は、息をし続ける状態という意味らしいです。
生きるために、息をするためには心臓が動いてないといけない。
止まると死にますよね?
では、心臓は何によって動いているのか?
なんと電池らしいんです。
それも太陽電池。
仮説の段階のようですが、心臓付近に太陽電池を採るレーダーの働きをする物質があるみたいなんですよ。
つまり、私たちは、太陽に生かされている!
で、そのことに二千年も前から気づいていた民族がいた。
どこの民族だと思いますか?
日本人です。

■ 日本人とは

そもそも「日本」という国名こそ、太陽を大切に思う民族の象徴。
日の本…、日、つまり太陽を元とする国。
素敵じゃないですか?
で、日本人とは何か?

【引用】
〈わたくしたちの命の原因が太陽だと知って、その太陽に感謝して、太陽のように丸く、明るく、豊かに、元気に生きる、これが日本人です。〉
【出典】致知出版社
日本のこころの教育
著:境野勝悟

日の丸…
国旗に嫌悪感を抱かれる方は、多いですが…私もそのうちの一人でした。
戦争を象徴するなら、いらないなぁっと。
でも、違うんですね。
あの国旗は、みんなを生かしてくれている、その太陽に感謝するのを忘れないための目印なんです。
何気ない、そんなできごとに感謝できる国民。
普通だと思われがちな自然に、有り難さを見つけ、恵まれていると言える国民。
日本人とは、そういう民族なんですね。
日本のこころの教育』は、ぜひ読んでみてください。
日本人であることを、ちょっと誇らしく思えます。
名言セラピー++(ダブルプラス)』も、文句なしのオススメ。
今日も、ありがとうございました。


« »

コメントを残す