家の中のウンコに幸せの形を見る

高瀬のアイデアネタ帳


独り暮らししてます。
家の中でね、うんこ踏むなんて思いもしませんでしたよ、ええ。
うん、付きまくりです。
ここまで福は内な家は聞いたことありません。
自分のウンコじゃなくてよかった。猫ので。

■ 二種類の笑い

笑いには2種類あるようです。
1.笑わせる
2.笑われる
名言セラピー++(ダブルプラス)』の孫引きですが、
テリー伊藤さんのお話です。
一文字違いですが、全然違いますね。
笑いが幸せを運ぶのなら、どっちも幸せです。
どっちが得意ですか?
私は断然2「笑われる」。
だから、不幸ネタがあるともう、ラッキー♪
話のネタになるから。
大失敗、苦労、不幸、みたいな大きな体験から始まって、
言い間違い、誤変換、みたいな小さな体験まで、全部笑われるネタになる。
自分も笑える。

■ 笑われプロへの道

何事にも段階があります。
この笑われプロにもあり、最高の段階では、最上の幸せを手にしています。
【第0段階→不幸に愚痴をいう】
まぁ、普通ですね。そのまま自分で消化していく段階です。
「一般ピーポーレベル」とでも名付けましょう。
【第1段階→不幸に愚痴をいう、が、ネタになると気づく】
一段階アップで、えらい違い。消化が昇華になってる。
しょうかしょうか(by おじいちゃん)
笑いに昇華してますね。
「笑われアマ」でどうでしょうか?
尼ではありません。アマチュアのアマです。
ましてや、貝を海に潜って捕ってきてくれる、あの何ていったっけ…では決してありません。
【第2段階→不幸がネタにしか見えない。】
最高レベルです。
もうウンコ踏んだ瞬間「つ、付いてる…ちゃう、ツイてる♪」
って言っちゃう段階。
不幸だと気づかないんです。
なぜなら、ネタにしか見えないから。
その事実に感謝しちゃってるんです。
なぜなら、ネタにしか見えないから。
え?あなたはこの段階ですか?
「笑われプロ」の称号を授けます。
私からでよろしければ。
なんか、こんなとこに幸せの秘訣を感じちゃったりして。
100年後ぐらいに、
医者「千石さんの死因は、笑いです」
って言われてぇ。
どうも、ありがとうございました。

【出典】Discover21
名言セラピー++(ダブルプラス)
著:ひすいこたろう


« »

コメントを残す