自負心を満たしトリコにする

惹きつける記事の書き方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈自負心とは、人々から尊敬されることを求め、認められたいと思う気持ちのことだ。〉

【出典】Discover21
心をつかむ技術
著:カート・モーテンセン
訳:弓場隆

■ 人は自負心を満たしたがってる

・尊敬されてぇ
・認められたい…
・受け入れられたいわ
こんなことを常に考えてます。千石弥一、よろしくお願いします。
ブログを書く理由の多くは、こういった自負心が関係しています。
・自分の文章が読まれることで得られる快感。
・アクセス数、ブログランキングによる一喜一憂。
・コメント・ファンレターをもらうことの喜び。
このどれもが、読み手に自負心を満たしてもらうことで得られる快感です。
満たされてばっかりで、いいのか?いや、いいはずがありません!
満たしてこそ、エンターティナー!情報の発信者!ブロガーです。
相手の自負心を満たしてこそ、ブログのトリコにできるんです。

■ 自負心を満たすには「ほめる」。でも…

私、千石弥一は聡明なあなたを常に尊敬して、記事を書かせていただいております。
いや、ホントに。ホントだってば!!本当ですって!
言えば言うほど、うさんくさくなってしまいます。
相手の自負心を満たす基本は「ほめる」こと。
ほめられれば誰だって嬉しい。
尊敬された!認められた!って思います。
つまり、自負心が満たされたと感じる。
私なんて安いっすよぉ。
お世辞でも嬉しい。どうぞ、遠慮なさらずほめて。オフラインでもオンラインでも、ドンドンほめて。ホイホイ木に登るから。

■ 読み手をほめると、ひかれる

話がそれました。
しかしです、ほめることを直にブログでやってしまいますと、読み手はひいてしまいます。
先程のあなたのようにドンびきです。
なぜなら、目に見えて八方美人だから
…見えないけど。
「見え透いたお世辞を言いやがって」
です。…見えてないけど。
これはもうブログの宿命ですね。
読み手にとって書き手は一人ですが、書き手にとっては読み手がたくさんいますもん。
そのことはちゃんと読み手も承知してる。
私は、特定の「あなた」に向かって、いるつもりで、書いています。
けど、その文章を読んでるあなたからすれば、どこかで「つもり」でしかない。
「ふん…他にも『あなた』がいるんでしょ?」
となる。
もう八方美人どころか、美人百面相です。
…意味わかりませんが、なから、あやかりてぇ響きになってしまいました。
じゃあ、どうやってほめればいいんだよ!
読み手の自負心なんて満たせんのか!
満たせます。
が、続きは次の機会に。
最後までありがとうございました!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »