オチとは?ミスリードとは?

ボケ記事ひな形

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈予測される展開と実際の顛末との落差こそがオチなのだ。(中略)聞き手や読み手が頭の中にオチとは異なる展開を思い描くようにミスリードしなくてはならない。〉

【出典】集英社新書
必笑小咄のテクニック
著:米原万里

■ オチとは

お前の話にはオチがない。
高校の時、よく言われました。
オチってなんやねん!どうやったらウケんね~~ん。
あがいたもんです。
どんあにあがいて改めて話しても気づくんですよね。
自分の話は面白くないって…。
あの頃の自分にリベンジしてやりたい。笑える話を書きてぇ。
まずオチってなんやねん!という疑問に解答を。
●オチとは、読み手の予想と書き手の結論の落差である
必笑小咄のテクニック』は必読です。
あ、自分にも小咄書けるかも…と勇気づけてくれる。
やる気に、できる気にさせてくれる本は価値があります。
パワーをくれ、モチベーションを生むから。
この本を読むと、オチを作るのが簡単に思えます。
高校時代の自分に渡してあげたい。
いや、今読めて本当によかった。
米原さん、ありがとうございます。

■ ミスリードとは

平凡な結末でもいいんです。
本当の結末とは違うところ、上へ上へミスリードしてパッと手を離してあげれば、読み手はピューっとオチていきます。
オチを作るためにミスリードすればいい。
●ミスリードとは、実際の顛末とは違う結末を読み手に予想させることである
前回の記事「笑える記事の書き方(読み手に○○させて□□れ!)」の3つ目の図を、
・ズレでなくオチのイメージがわきやすくなるように書き直しますと、
・さらに『必笑小咄のテクニック』に出てくる「笑いの曲線」を参考に書き直しますと、下のようになります。
オチの構図
「だから、具体的にどうやったらミスリードできるんだよ!?」
ですよね。次回を期待してください。
本日も最後までありがとうございました。
必笑小咄のテクニック』に出てくる「笑いの曲線」は要チェックです。
ちなみにこの記事「オチとは」「ミスリードとは」でヒット中♪

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »