○○を刺激してブログを読ませる。

惹きつける記事の書き方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈まず、何だこれは、と思わせて、だんだん話の本筋に誘い込んでいく。それが文章表現の常道だ〉

【出典】三笠書房
「いい文章」の書き方
~「うまい!」といわれる人の“視点”がわかる!~
著:千本健一郎(朝日新聞出版局)

見ず知らずの誰かが「ブログを読む」という行動を起こすか起こさないか…
それは何によって決まるのでしょう。
答えは明確です。
●欲求が満たされそうと感じるか感じないか
感じれば読んでくれます。感じなければ読んでくれません。
ブログにお得感があるかないかが重要です。
そして、ブログにおいて一番満たしやすい欲求とは何か?

■ 知的欲求を満たす

・情報を知りたい!
・知識がほしい!
そういった、知的欲求を満たすことに長けていると考えています。
刺激すべき感情は、好奇心です。
●好奇心を刺激するブログは読まれる
【引用】
〈人それぞれの「なぜ」に、人は「興味」や「関心」を抱く。〉

【出典】三笠書房
うまい!と言われる文章の技術
~実例で読む、文章の考え方・磨き方~
著:轡田隆史

どのように刺激するのか?
それは謎を振りまく、これに尽きます。
「なぜ?」という疑問を抱いてもらい、それに解答する。
論文ではないので、いきなり結論を書くのをオススメしません。
好奇心を刺激するには、
・もったいぶらないと
・ほのめかさないと
あなたの記事に、謎めかす部分、好奇心が刺激される部分がありますか?
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »