心地よい記事の秘密…「肯定」力

惹きつける記事の書き方

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 心地よい記事の秘密

【引用】
〈あなたが誰かを受け入れてあげるとき、あなたは必ず相手よりも大きい存在だ〉

【出典】三笠書房
カリスマ~人を動かす12の方法
~コールドリーディング 
なぜ、あの人は圧倒的に人をひきつけるのか?~
著:石井裕之

何かしら心地いい。
そういう記事には、やわらかさ、あたたかさが漂っています。
そんな心地よさは、どうして漂っているのでしょう?
●秘密は肯定力にあります

■ 人が求めているものとは?

・認められたい
・肯定されたい
・「それでいいんだよ」って言ってもらいたい…
人は受け入れてもらいたがっています。
そして心地いい記事は、その欲求を満たしてくれる。
心地よい記事とは、読み手を認め、受け入れてくれる記事です。
これがなんとなくでも分かっているのといないのとでは、読み手に与える印象が変わってきます。
記事の包容力、器が違ってきます。
…たぶん。
例えば、失恋の記事を書くとしましょう。
○だまされ、浮気され、もてあそばれてた。あげくの果てに…捨てられて…もう男不信…
この記事の引力は、同じような失恋をし、立ち直っていない人に向かいます。
でも、その人たちを受け入れる力は少ないでしょう。
自分でいっぱいいっぱいだから。
誰かを受け入れる…そんなのとんでもない!
そういう余裕のなさがにじみ出ています。
こう書くより、
○だまされ、浮気され、もてあそばれてた。あげくの果てに…捨てられて…もう男不信…
こういうとき私は泣いて泣いて泣きまくります。三日四日泣いて泣いて泣き叫んで暴れまくったあとは、いつも、ちょっとまた恋をしたくなっているから。
・失恋してもいいんですよ。大丈夫ですよ。
・泣いていいんですよ。
隠されたメッセージが読み手を肯定しています。
受け入れています。
そういう記事に読み手は心地よさを感じるのだと思うのです。
●人は受け入れてもらいたい

■ 心地よい記事の秘密まとめ

ただの失敗談ではなく、そこから立ち直った記事を書いてください。
もしくは明るい失敗談として、笑いに昇華し語ってください。
自分の欠点を話すにも、憎んだ態度ではなく、しょーがないんだけどね…という愛ある姿勢で書いてください。
意見を述べるにしても、自分以外の考え方は認めない!!…そんな傲慢さは控えましょう。
あなたの記事は、読み手を受け入れていますか?
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
こっそりだけど、ちょっと私も一目おかれてみたいなぁ…というあなたは、
カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
↑クリックです☆

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »