隠されるとイヤ~ン効果

惹きつける記事の書き方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈見せすぎや語りすぎは、好奇心のメリットをなくしてしまう〉

【出典】PHP研究所
~全米No.1のセールス・ライターが教える~
10倍売る人の文章術
著:ジョセフ・シュガーマン

ブログの記事を読む。
読み手にとっては、結構な労力です。
・まずタイトルを見て読むかどうかを決め、
・リンクをクリックし、
・その記事のアドレスに飛んで、
・やっとモニターにうつる文章に目を走らせます。
人はナマケモノ。めんどくさがりやです。
ここまでの行為に及ぶには、それ相応の動機が必要。
では、その動機づけの要因とはなんでしょう?
言い換えれば、読んでもらうための心理的なポイントとは?
●ズバリ、好奇心です。
読み手の好奇心を刺激できさえすれば、読んでもらえます。
逆に刺激できなければ、読んでもらえません。
「効果的に好奇心を刺激する方法なんてある?」
あります。
●人は隠されると好奇心が刺激される
隠れ家的な店の方が常連がつきやすく、
見えそうで見えない…うをー見たい!!という男性心理も同じ。
隠されたほうが見たくなる。
読みすすめてもらうために、
・謎を創り入れ、
・ほのめかしましょう。
おっと、でもまずはブログに来てもらうのが先決でしたね!
隠されれば見たくなる。
この人間心理をつき、『ほのめかしタイトル』で、ブログに読み手を惹き込みましょう♪
最後までお読みいただき、あいがとうございました。
参考書に興味を持たれた方は『10倍売る人の文章術』←クリック♪

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »