ビビッドな記事を書く資料集め

アイデアの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈意外な本や資料、発言、取材、思いつき、などからどれだけオリジナルにピックアップして目的に迫れるか、にレポートの質はかかっています。
だからこそ、誰も読まないような資料というのに注目する意味があるのです。〉

【出典】大和書房
知的ストレッチ入門
著:日垣隆

アイデアは、もともとある資料を組み合わせたものにすぎないのですが、その資料自体とんでもないところから持ってくれば、すっげいオリジナリティあふれるものが出せるのでしょう。
日垣さんは〈「ヲタ」な資料〉と呼んでいます。
アイデアホイホイの記事を書くために『アイデアのつくり方』みたいな本を読むのも大事だけど、それだけでは底が知れている。
全然関係のないところからひっぱってきた情報こそ価値がある。
ならやっぱり、無駄、意味ない、関係ない、遊びでしかない、そういう感じのする情報にこそ謙虚に向き合ったほうが、アイデアは生まれそうです。
ここまで読んでくれてありがとうございます。
この本をもっと読みた~い!という方は、
知的ストレッチ入門』をクリック♪

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »