100%ひらめくアイデアの作り方

アイデアの作り方


■ 「クビから逃れる?」アイデアの作り方のヒントエピソード

『シェイク・ブレイン』(著:ジョエル・サルツマン)で出ていた話を紹介しますね。
あなたは今日、急に会社から
「サイコロを二つ振って、六のゾロ目が出ないとクビ♪」
って言われました。
焦りますよね?いや、焦ってください。
…えーっと、36通りだから…確率は2.777777…%ぐらい?一昔前の消費税より下か。宝くじより当たる?
ってかピンチじゃん!!…
ぐらい考えちゃうでしょ?
そうでしょうそうでしょう。
「こんなむちゃくちゃな会社、こっちから辞めてやる!!」
その方がいいですね…というのは嘘。
大丈夫なんですよ。
あなたはクビにならない。
100%、六のゾロ目を出す方法があるんです。
聞きたい?♪
出るまで振ればいい
ね?

【出典】阪急コミュニケーションズ
『シェイク・ブレイン』
著:ジョエル・サルツマン
訳:斉藤裕一

■ 「失敗を賛美する」アイデアの作り方の肝

~失敗は成功のもと~
日本のことわざは素晴らしいなぁ。
失敗すれば失敗するほど成功に近づいていますもんね。
エジソンさんにいわせれば、このやり方で失敗するとわかった!そんな意味で、もはや失敗=成功ですよ。
~失敗はアイデアのもと~
失敗アイデアを出しまくりましょうよ!
バカになりましょう♪

■ なぜ失敗で落ち込むか?

「でも、やっぱり失敗は嫌だ」
確かにそうですよね。
傷つくし、落ち込むし、あの絶望感といったらない。
この痛みはどこから来るんでしょうか?
それは、あなたの期待からです。
期待の高さに比例して、裏切られ墜落した痛みがデカくなる。
どうすればいいんでしょう?
期待をなくせばいい。
なくさないまでも、期待を小さく、低くすればいいんですね。

〈最小限の期待に失望なし。〉
【出典】阪急コミュニケーションズ
『シェイク・ブレイン』
著:ジョエル・サルツマン
訳:斉藤裕一

いいじゃないですか。
バカなアイデアいっぱい出せば♪
ダメでもともと、ぐらいでね。
一万回だめでも、一万一回目はイケるかも!ぐらいの期待で。
謙虚、大好き。

■ いいアイデアが100%出るアイデアの作り方

いいアイデアは100%作れます。
そんなアイデアの作り方は…
「言わなくてもわかってるよ。六六が出るまで振ればいいんでしょ?」
そう、それが100%ひらめくアイデアの作り方です♪
ありがとうございました!
ちなみにこの記事は「アイデアの作り方」でヒット中♪
関連記事

  • アイデアのつくり方とキューブリック」(たけくまメモ様)
  • 「アイデアの作り方」は、第五段階がかなり大事だよ。」(30からのBlog様)
  • アイデアの作り方」(カウンセリングスタイル様)

  • « »

    コメントを残す