1時間半ただ働き…喜んで♪

日常ホイホイ(雑記)

[`evernote` not found]
LINEで送る

「6時から授業だっていったよね?」
6時になって塾に来た、たった一人の生徒に聞く。
H君は口を開けたまま、ゆっくりと少しだけ首を上下にふる。
本来は7時半からの授業。中三の部活が終わったのをいいことに、6時始まりに変えていたのだ。
早く始めて早く帰る、生徒はそれがいい…というのは建前で、生徒も講師も講師も講師も…俺はそれがいい。
Hは6時に来た。
残りの生徒はおそらく7時半に来る…。
連絡が行ってないのか、こっちに連絡が来てないのか分からないが、どっちにしろ7時半に来るのだ、どっちでもいい、どっちでも。
「7時半まで自習してて…っていったら怒るよな?」
と聞くと、Hにしてはめずらしく
「うん」
と声に出して強く縦に首をふる。
本来2時間授業だから…6時から1時間半で個別指導、7時半から9時半で通常授業…
Hは30分ダブルから、その辺りも考慮して…うん、めんどくさい。
「Sさん、今日はH君しかおらんから、自習より授業入ったら?」
禁断の恋愛中のSさんを呼んでみる
「えっ!いいの!?入る入る♪」
どうせ1時間半やるのだから、一人も二人も同じ…ヤケだヤケ。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »