金は貯めるな

日常ホイホイ(雑記)


祖母に電話をかけると、第一声は決まっている。
「あんた!今どこおんのがや?」
語尾が、がや、と言っているのかどうか、実は判らないのだが、
勢いがすごいのでそう聞こえる。
僕の返答も決まっていて
「長野やで」
それからいつもの会話が始まる。
なんやいの~声が近いから、こっち帰ってきたんかと思たわぁ。
あんたの声聞くとな、ちっこい頃のこと思いだすんやで。
ガー言うて怒ったときも、
(あぁ、言いすぎてしもたかな)て反省したりしてな。
「おばあちゃんが反省!?」
おばあちゃんかて反省するわいな!
あ!…あんたな、一つ言うといたるわ。
「な、何ぃ?」
お金なんか貯めとらんと、美味しいもん食べんとあかんで?
(う…食費節約しとります)
おばあちゃんぐらいになったら判んねん。
お金なんか貯めとっても、あっちに持っていけんやろ?
かといって旅行いうたかて、この年になってみぃ?
家でテレビ観とるほうが、よっぽど楽やがな。
金使うんは、若いうちやで。
「な、なるほどぉ」
ところで娘が生まれたん、あんたっとこやったかいの?
「いやっ!なんでやねん!シンヤ兄ちゃんとこやで」
あぁ、さよか。
赤ちゃんが曾孫やいうことは判るんやけど、どこの曾孫かさっぱりやったんやわ。
カッカッカッ!
「カッカッカッ!」
で、あんた奥さんは?
「ガッ…奥さん!?」
元気でやっとるんやったらええんや。
また、こっち帰ってきたら顔出すんやで!
電話ありがとー、はーい、はーい…
プチ…ツー、ツー、ツー…
「奥さん?…」
もう一度呟いて、僕は携帯をパタッと閉じた。


« »

コメントを残す