追悼311「もしこれが最期の電話だったら…」

アイデアフレーズ


【引用】ぼくは、スティーブン・レヴァインという作家が書いたこの言葉が、とにかく好きでたまらない。
もし人生が残りあと一時間で、
たった一本しか電話がかけられないとしたら、
誰に、なにを話すだろう……。
なぜ今、そうしないのだろう?
【出典】日本実業出版社『君に贈る最後の手紙』P13 著:リチャード&クリスティーン・カールソン 訳:田内志文

『最後だとわかっていたら』…という詩だったと思います。読み返しました。
愛しい人と話すのが、これで最後だったとしたら…なんて話したやろ。
これが最後の手紙だったら…どんなことを書いたんやろうか。
我が子を抱きしめられるのが最後なら、仕事にかまけたりしてたかな…
この電話が最後だったとしたら…職場にかける?…いや、かけないやろな。
311ですね。
ご冥福をお祈りします。


« »

コメントを残す