買い物と時間の方程式

ブログブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈「欲しい!」と思ってから購入までの時間が短ければ短いほど、買った時の幸福感は大きい(中略)これを「買い物と時間の方程式」という-なんてね。〉

【出典】扶桑社
キミがこの本を買ったワケ
著:指南役(草場滋、津田真一、小田朋隆)

■ 記事を投稿する時間

ブログは素敵なことに、
記事の投稿=記事の告知
となってます。
ping送信やらRSSやらがそうですね。
多くの場合、投稿時、アクセスが増えるのです。

■ 記事投稿のタイミング

とするとです。
あなたの記事を一番読んでくれそうな人、
そんな人たちがネットしている時間帯に記事を投稿
すれば、
もっと効果的に読んでもらえる…
ということになるでしょう。
『キミがこの本を買ったワケ』で書かれている「買い物と時間の方程式」を思い出してください。
読み手が「その情報、読みたい!」と思ってから、記事到達までの時間が短ければ短いほど、
読んだ時の幸福感は大きいんです。
これは狙っても損はありません。
より読み手に幸福感を持ってもらうために、狙っていきましょう。
狙うには、決めておかないといけないことがありますね。

■ 記事のターゲットを絞る

ターゲットです。
ブログによって変わるし、記事内容によっても変わるでしょう。
レシピ系記事なら、読み手が夕飯の支度を考え出す時間がいいでしょうし、
ドラマレビューなら、ドラマが終わった直後がいいかもしれません。

■ 読み手の立場で考える心意気

大切なのは、相手の立場になって考えることですよね。
読み手の姿を意識することです。
ターゲットを絞り、投稿時間を狙っていくために、読み手を意識して、読み手の生活を想像してみてください。
読み手の意識は、記事の質を上げるという効果もありますから、一石二鳥♪
ぜひぜひ、心がけてみてください!
ところで、
読み手が「読みたい!」ってときに、即記事をお届けできる工夫、
他にないですか?
あなたがこの記事を読んでしまった理由が分かる本
→『キミがこの本を買ったワケ

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »