読み手の欲求を知るには?

ブログブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈相手が何を求めているかがわかれば、
相手が聞きたいと思う内容を話せます。
それによって、
相手をその気にさせるというわけです。
こちらがやってほしいことをすれば、
求めているものが手に入ると、
相手に示せばいいのです。〉

【出典】ダイヤモンド社
チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
著:レス・ギブリン
訳:渋井真帆

読み手にして欲しい行動とは何ですか?
「ブログを読んでもらうこと」
ですよね。
でもタダではしてくれません。
どうすればいいか?
読み手の欲求を満たす
つまり「読む」という行動を起こしてもらうには、
●ブログを読めば、あなたの欲求が満たされますよ!と伝えればいい。
「そうだけど、読み手の欲求が分からないよ!」
はい、確かに。
欲求を満たすどうのこうは、読み手の欲求を知らねば始まりません。
どうやって調べればいいのか?

■ 「○○ 悩み」で検索

あなたのブログで扱っているテーマがあるはずです。
そのテーマについての悩みをGoogleYahooなどで検索してみましょう。
扱っているテーマがアイデアなら、
・アイデア 悩み
・発想法 悩み
ブログがテーマなら、
・ブログ 悩み
・ブログ 分からない
・ブログ 教えて
といった感じです。
検索で誰かの「質問」を探す要領ですね。
質問するぐらいなのだからら、その悩みに対する解決策は誰かが求めていること。
解答してみる価値ありです。

■ 質問解決掲示板を参考にする

質問を探すなら、質問解決系サイトを参考にするのもいいでしょう。
教えて!goo
Yahoo知恵袋
入力検索はてな
2ちゃんねるも質問情報の宝庫ですね。
すでに解答されていることが、メリットでもありデメリットでもありますが、
読み手の欲求探しにはもってこいです。

■ キーワードアドバイスツールを使う

検索エンジンは、そのほとんどが悩み解決に使われています。
・この映画の評価はどうだろう?
・どこで買うのが一番安いのかな?
・女にモテるには…
キーワードアドバイスツールは、ある言葉の検索回数を教えてくれるツール。
検索回数が多い言葉であればあるほど、読み手が聞きたい「キーワード」ですね。
すかさず、記事にしちゃいましょう。
↓ちなみにキーワードアドバイスツールプラスもあります♪↓

キーワードアドバイスツールプラス Powered by
SEO

■ 質問箱を用意する

聞きたい話は、読み手に聞け!と直接聞いてみるのも手です。
メールフォームでも、
掲示板でも、
あしあと帳でも、
質問募集記事でも、
読み手が質問しやすい環境を整えてみましょう。
ネットに頼らず、リアルの友達に直接聞いてみるのもいいですね。

■ 求めているものを満たせると伝える

はじめに戻りましょう。
読み手が求めているものが分かりました。
次にすることは?
そう。
あなたのブログを読めば、欲求が満たされるということを伝えないといけません。
気を付けるのは題名
記事のタイトルです。
読み手の何を満たせるのかが分かる、
そんなタイトルにしてくださいね。
最後にもう一度、レス・ギブリンさんの言葉を引用して、しめくくりたいと思います。
〈簡単にはわからない場合もあるでしょう。
知るための努力を惜しまないことです。〉
読み手の欲求を知る方法を思いついたら、ぜひ教えてくださいね。
この記事があなたの役に立てれば嬉しいです。
最後までありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »