行解相應とは

禅的生活


【概要】いずれ死ぬ。なら今日できることは今日やっておきたい。

■ 行解相應とは

【引用】人間は100%死ぬ運命にある。そうわかっていても、やはり死を前にすれば未練が残るものです。同じ死を迎えるなら、やはり未練は少ないほうがいい。わが人生はよきものだったと思って旅立ちたい。
「行解相應」−自分でできることをやっておくという言葉です。
【出典】三笠書房『禅、シンプル生活のすすめ』P71 著:枡野俊明

「明日死んでもいい」
そう言っていた先生がいます。え?って聞き返したら、
「毎日好きなことやらせてもらってるから。毎日毎日、思い残すことがないの」
行解相應を地でいくような人です。
どんなに悟りを開いた人でも、いざ死ぬとなると未練があるそう。ましてや千石のような凡人では未練は必至か。
それでも、本当にやりたいことをちゃんとやって逝きたいものです。
ありがとうござました。


« »

コメントを残す