行動力を無くす方法

すぐやる人のアイデア


■ アイデア引用文

【引用】行動しない人で幸せな人を見たことがないですし、行動する人で不幸せな人も見たことがありません。
【出典】フォレスト出版
『すぐにケータイをかけなさい!~頭でわかっていても、なかなか行動できない人を「すぐやる人」に変える50の方法』
著:井上裕之

■ 行動力を無くす方法

実はこれ、あらためて書く必要がないかもしれません。
とっても簡単なんです。
そして知らず知らずのうちに、もうすでにあなたがやっていることかもしれないからです。
友だちにサプライズを贈る!という場面を例に、「行動力を無くす方法」を考えていきたいと思います。
ステップは2つ。

  • 行動した結果を悪いバージョンでイメージをする。
  • 行動しないことで守れるものをイメージする。

  • まずファーストステップ「行動した結果を悪いバージョンで…」をやってみましょう。

  • 準備の時間が間に合わず、中途半端になってしまった
  • 相手が全然喜ばず、「あっそ…」という感じになってしまった
  • 一人の友だちにしたもんで、他の友だちにもしなきゃいけなくなった

  • そしてセカンドステップ「行動しないことで守れるもの」です。

  • 変な印象を相手に与えることなく、いつも通りの関係でいられる
  • 準備することで自分の時間を取られこともない>
  • 「どんなサプライズをしようか」と当日まで気をもみ続けることもない
  • 他の友だちにも今度…という変な義務感にかられることもない

  • このツーステップで、たいていの人はあらかた行動力を失うはずです。
    イヤですね。
    僕はよくこれを無意識でやってしまっています。
    何かしでかそうかな、というときに一瞬でこのツーステップをこなしてしまえる。
    あぁやだやだ。
    でもこのことが判ってくると、行動力を上げるためには逆をすればいいだけ、ということに気づけます。

    ■ すぐ行動できる人になるために

    つまり、

  • 行動した結果、何が得られるのかをイメージし
  • 行動しなかった結果を悪くイメージするんです
  • 【出典】『すぐにケータイをかけなさい!~頭でわかっていても、なかなか行動できない人を「すぐやる人」に変える50の方法』
    著:井上裕之

    ファーストステップなら、

  • 大好きな人の喜ぶ笑顔
  • 失敗したって準備したことを嬉しく思ってくれるさ
  • サプライズを企画したことで得られた充実感、友情、自尊心、与える喜び、何か変われた自分
  • やればできるな、という自信

  • セカンドステップは、

  • 思い立っただけで結局行動できない自分を確認し、失わなくてもいい自信を喪失する
  • やっときゃよかった、という後悔
  • やろうかやるまいかで悶々と悩んだ挙げ句、結局やらずに終わり何も変化がなかった自分と友だちと毎日の生活

  • よし!やった方がましや、
    という気になりませんか?
    でです。
    ここでもう一つ気をつけてほしいことが…。

    ■ やる気が起こるのを待つ必要はない

    「行動する」ことに決めたのはいいのですが、実際行動を起こすまでに最後の最後で落とし穴があるんです。
    それが、
    「今はモチベーションが上がらない」
    この言い訳なんです。

    【引用】行動することが、気持ちを変えるのです。気持ちが変わるのを待って、行動するのではありません。行動すると気持ちが変わるのです。
    【出典】フォレスト出版
    『すぐにケータイをかけなさい!~頭でわかっていても、なかなか行動できない人を「すぐやる人」に変える50の方法』
    著:井上裕之

    僕も後回しにする言い訳が「やる気が出たら」なんですが、井上裕之さんの言葉にガツンと殴られました。
    まずやってみる。
    気持ちは後からついてきます。
    この言葉を信じて一緒に行動を起こしていきませんか?
    やっぱり何かが変わりますって。
    今日も長い文、ありがとうございました。


    « »

    コメントを残す