落ち込みからいきなり復活する方法

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 他人のことなら冷静

「気にすんなって。お前のこと好きやから、そんな言い方になったんちゃう?」
「見込みがあるから、叱られるんやって!」
「過ぎたこと、しゃーないやん」
「まだ起きてもないこと考えてどうするん?」
他人事だったら、たいしたことないんですよね。
誰でも冷静に、アドバイスの一つや二つ言えちゃう。
でも、自分のこととなるとそうはいかない。
事の中心なもんで、木しか見えません。
森?俯瞰なんてとてもとても。
っと思ってたらありました。
強引に俯瞰する方法

■ ナレーション法

【引用】
嫌なことがあった時には、この言葉を唱えるのです。「普通の人なら、ここどしょんぼりするところだが、彼(彼女)の場合は違った。」

【出典】ダイヤモンド社
『中谷彰宏名言集』
著:中谷彰宏

ナレーションを入れちゃうんですね。
ナレーション役は、僕がしましょう。
嫌なことがあった…
「一般ピーポーならめげてしまうところだが、あなたは違ったのだ。」
嫌なことがあった…
「なんとあなたは、しょんぼりどころか、笑いだしたのだ」
嫌なことがあった…
「と思いきや、あなたは考えた…これってチャンス?」
嫌なことがあった…
「しかし、あなたは蚊にさされた瞬間忘れてしまったのである!」
嫌なことがあった…
ら〈とりあえず、唱えるのです。「普通の人なら……」〉
ナレーション入れてる自分に笑えたらしめたもの。
ぜひ、唱えてみてください。
中谷彰宏さん、素敵。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »