自分探し

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 自分探しではないが…

こんなはずじゃないんだって思うときがあります。
部屋干ししていた洗濯物が何かのひょうしで落ちました。
それをうちのネコが見逃さずにくわえ、ぴゅーっと走り去りやがりまして、
「まてぇ!」
まったくしゃーないやっちゃ。
追いかけ取り返し、
うわぁ、破れてないかぁ?
生地に穴があいていないか確認しているところで
ガチャ
「あっ、お帰り」
嫁さんが帰還。そして一言。
「ちょっと、、私のパンツ広げて、何してんの!?」
こんなはずじゃないんだぁ!!
何か変態を見るような目つきをした女性に奪われたパンティ。
幸か不幸か、ネコによる歯形の穴が空いていなかったことで疑いがなかなかはれず、その夜は茶碗にもられた白米に梅干しがチョコン、麦茶、それだけでした。
「おっぱいみたいやね」
「変態!」

■ 誰もがしている自分探し

このように相手に対して
「あなたの思っている私は本当の私じゃない」
ということはあまりないと思いますが、
自分に対して
「今の自分は本当の自分じゃない」
と考えることはしょっちゅうあるように思います。
あぁあんなに綺麗だったらなぁ…
痩せていればいいのに…
運動がもっとできれば…
もっと好きな仕事したい…
もっと何かができているはず…そんな自分探しの旅に出続けている方もいるかもしれません。
本物の自分を求めて。

■ 自分探しの罠

自分探しの旅…
旅の基本というか道に迷ったとき、
一番最初にすべきことはなんでしょうか?
目的地の確認?
いや、それよりも自分の今の場所を明確にすべきですね。
目的地ばかり頭にあって、今の場所すら判らなければ迷いからは抜けられません。
今の自分を受け入れてあげないと、どこにもいけない。
行く場所があったとしてもです。
もっとあの人みたいにこうだったらいいのに!
それは自分を否定しています。
こんな風にならないといけないんだ!
今の自分を嫌うのは、よしませんか。
もっとデカい仕事を任されるべき人間なんだ、俺は!
本物の自分ではない自分がやっている今の仕事は、もちろん本物ではない。
本物ではないのでテキトウ、中途半端になってしまう。
これでは、本物の自分とやらを見つけるのも難しくなりそうですね。

■ 自分探しをするなら

自分探しの旅に出ているなら、目的地を探して目指すのもいいですが、
今の場所を一番に確認することをオススメします。
自分は今立っているその場所にいるんだから。
今の自分でしかありえないんだから。
人は自分のこととなると、鏡でしか見られないせいか、どうも居場所を見失ってしまいがちです。
こうなりたい、そう思うことで人は成長するのかもしれませんが、
今与えられているもので満足できないでいる人が、さらに何かをもらったところで満たされるのでしょうか?
今の自分を嫌っていたら、10キロ痩せたところで、また嫌いな自分を見つけるのがオチ…そんな気がしますがいかがでしょう。
何にしても今のあなたの場所から全ての道が通じています。
その場所の良さを見つけながら、気楽に必死にならずにゆっくり歩いていきませんか。
あなたはあなたのままで素晴らしい。
ありがとうございました。
「聞いてくださーい、この人私のパンツを必死の形相でにらみつけ…」
「それでも私はやってない。変態と思われても私は素晴らしい」

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »