自分を責めてしまうあなたへ

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 愚痴は返ってくる

「あの人のあそこをなんとかして欲しいわ!」
「まったく、なんでこんなにわかりにくいんだ」
不平不満、愚痴、文句、悪口。
言いたくなるときもあります。
でも、やっぱりあまり言わない方がいいみたい。

~与えたものが返ってくる~

人に言うのはいけない。
でも言わなくても、自分でつぶやくのもよくないかもしれない。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】よく愚痴を言う人というのは、自分が何か失敗したとき、その愚痴を自分に向けてしまいがちです。周りが「彼女でも失敗することがあるのね」というくらいにしか思っていないときでも、自分が非常に悪く言われていると思い込んでしまう。
【出典】生活人新書『脳が冴える15の習慣』
著:築山節

■ 自分を責めてしまうなら…

自分のことを完璧な棚に上げられる人なんて、そうそういないと思うんです。
周りにはそう見えても、どこかで気にしてる。
人に厳しい人は、どこかで自分にも厳しくなっちゃう。
周りの人も自分と同じように見ている、そう考えて、
「みんな自分を批判してるに違いない」
なんて考えてしまいます。
何かに厳しく批判する目を持っていると、いつか自分も自分の目で批判することになっちゃうんですね。
もし、
・人の目が気になりすぎてるなぁ
・自分を責めることが多いなぁ
とあなたが感じているなら、少しだけ自分の愚痴に注目してみるといいかもしれません。
周りを評価する目線を下げ、愚痴を無くすことが、結果的に回り回って自分への愚痴を減らすことになるはずですから。
…と言い聞かせながら、嫁への愚痴をガマンしてる僕です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »