続く読書。続くブログ。続く恋愛。

三日坊主克服、習慣化アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

続ける読書。続ける恋愛。続ける恋愛。

by:Kamil Porembiński
なんというか僕は飽きっぽいところがあるみたいです。
読みたい!と思って読み出した本を次の日には積んでいる。
新しいブログを立ち上げよ!と企画考えデザインやり、一週間後にやめている。
好きだ♪と付き合いだした彼女とは…おっとっと、この話はおいておいて、どこか僕は少し飽きっぽいのかもしれないんですよね。
でもそうでもない面もある。
続けられないわけではないのです。
このブログも続いているでしょ?日記も三年連用を書き続け、今年から10年連用を始めました。奥さんとは8年目のおつきあい。
あきっぽいとき。あきっぽくないとき。
この違いは?
本を読んでいて気づきました。

■ 千石流続ける読書術

僕が本を投げ出してしまう状況には、どうやらパターンがあるようです。
読んだところが100ページを越えないまま読まない日が続いた本。
これを置き去りにしてしまうみたい。
1年くらい前までは50ページ程度だったんですが、現在は100ページです。
ここで一つ発見があります。
100ページ、なんとか100ページ読んでみれば読みきれるらしい。
僕だけかもしれませんが、調べてみても損はないかもしれません。
あなたが読みきれなかった本は、いったい何ページで止まってしまったのか?
その臨界点さへ越えれば読みきれるのです。
とにかく臨界点までなんとか頑張ればいい。
また、どうしてもその臨界点まで読みきれない本は「読まなくてよい本」と切り捨てていいのかもしれません。
ちょっとした目安になるでしょ?

■ 千石流続けるブログ術

ブログにもあるのかもしれません。
「三ヶ月続ければ情がうつって、そのブログを捨てられなくなる」というような臨界点が。
不名誉なことにブログは何十個と閉鎖してきてしまいましたが、そんな中で僕が愛したブログは、記事が100を越えたものでした。
なんだろう100に取り憑かれているのかしら、千石なのに。
アイデアホイホイは「とりあえず1000個は記事を書いてやろ」と思って始めました。
今記事の数は500弱で1000にはほど遠いのですが、愛着は遠い昔からわきまくっております。
もしあなたが自分のブログに愛着がわいていないのなら、
「100個記事を書くまではやる」
とか、けじめのようなものを設けてみてもいいかもしれません。
「それ以上やっても愛着わかないのならいいや」というような臨界点を。

■ 千石流続ける恋愛術

読書、ブログについて書いてきましたが恋愛もそうかもしれません。
初めは何の魔法にかかったのが、燃えたぎる情熱をもって愛に狂います。
何をしてもかわいい。ダダをこねたって、すねたって、「んも~ん、しょうがないなぁ♪」
それが3ヶ月もたてば慣れてきて、
彼女「は?ムカつく」
自分「なに、その語彙力の無さ。ちったぁましな言葉遣いしやがれ」
彼女「腹の虫がおさまらない、怒り心頭に発するわ、この小わっぱめ!」
とまぁこんな調子です。
恋の病が治り、冷静になって倦怠期が訪れた後が勝負どころ。
「もう三ヶ月、もう半年つきあってみよう。」
そんな臨界点をつくってみる。それを越えてから考えてみるのもありではないですか?
もしかしたら素敵な腐れ縁を発見できるかもしれません。
本は買ったときが一番読む気になっています。
ブログは立ち上げたときが一番燃えています。
新年新しい目標をたてて燃えているのは三が日ってもんです。
で、その熱が冷めたときが腕の見せ所。
臨界点を自分なりに設けてみて、そこまでは
「やる気がおきん…」
「そもそも意味があんのか、これ」
とか難しいことを考えずにやってみる。
たったそれだけのことですけど、リミットを越えたときに見える世界ってのもあります。
「意外におもしろいやん、この本」
「常連さんがどうも一人いてくれているみたい。この人のために書くってのも素敵だよね」
「なんていうか結局なんだかんだで心地いいねんな、この人の隣って」
楽しいのでやってみてください。
臨界点を設ける。とりあえず他のことを考えずそこまでやってみる。
できなかったら、まぁ次にいきましょうよっと。
新年あけましておめでとうございます。
読んでくれて本当にありがとうございました。
今日もこのブログを続けられたのは、あなたが読んでくれたおかげです。
あなたの楽しい一年を祈りながら。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »