素敵な男の育て方

恋愛のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 素敵な男はサプライズ好き

働いて帰ってきた母親が、
「弥一!せ、洗濯物入れてくれたんかいな?」
ビックリさせるのが好きでした。
偏見かもしれませんが、男の子は総じてサプライズ好きだと思っています。
最初はお母さんを驚かせたくて、
次は友だちをビックリさせたくて、
そして彼女をアッと言わせ喜ばせたくてサプライズを考える。
女を喜ばすと書いて嬉しい…のですね。

■ 素敵な男の栄養源

偏見に違いないのですが、男は女性に誉められるために生まれてきたのだと思います。
男の活力、その源は賞賛。
信頼する人、大好きな女性からのほめ言葉は最高の動力源です。
狩猟時代、
「狩ってきたぞ!」
「さすがあんた!あんたの嫁でほんとによかったわ」
みたいな会話が交わされ、またやる気みなぎらして狩猟におもむき生き抜いてきた…そんな男たちの子孫が俺達なんです。
豚もおだてりゃ木に上る。
男は単純な生き物で、
やっぱりその育て方の基本もシンプル。
誉めてあげればいい。
大好きなお母さんの喜ぶ顔を見るためなら、そこらへんの努力なんて努力のうちにも入りません。
大人の男を育てるのだって同じです。
奥さんの
「あんたならできるさ」
「さっすがあんた!ほんとすごい」
「…ほんとに嬉しいんだけど」
という言葉に、空だって飛べると思ってしまうんです。

飛べない豚はただの豚だ
~ポルコ・ロッソ~
【出典】『紅の豚』監督:宮崎駿

■ 素敵な男の育て方

女性からの素敵なほめ言葉こそ、笑顔こそ、男にとっての最高のプレゼントです。
そんなプレゼントをもらった日には、
「次はどうやって喜ばそう」
そう考えてしまうのが男のサガ。
まあ偏見かもしれませんが。

【引用】自分の口から出てくる言葉は、全部「人に対する温かい贈り物でありたい」「人を安らげるものでありたい」「励まし、力づけるものでありたい」
【出典】『笑顔で光って輝いて』
著:小林正観

あなたが女性でも、男性でも、
この記事があなたへのプレゼントになっていたら、私はたぶん木にも上ります。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »