短くするほど読まれる

惹きつける記事の書き方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
〈ジャクソンヴィル・ステート大学で行われた実験によっても、説明文を短くすればするほど、きちんと読んでくれる人は2倍以上もアップしたという報告がなされています。〉

【出典】PHP研究所
『心をつかむメール術』
著:内藤誼人

■ 省略できるところはする

耳が痛いですね。
僕も記事は長くなりがちですから。
読んでもらおうと思うなら、記事は短くした方がいいみたいです。
すっげー長々と書かれたブログ記事、読みたいと思いますか?
ほとんどの方は嫌悪感をいだき読むのを止めてしまうのでは?
ましてやモニターです。
長い文章は目が疲れますよね。
読み手にやさしい短い文章が読まれるんです。

■ きちんと読まれるが…

短い文章は確かに読まれます。
読まれますが、短すぎるのはいかがなものか。
題名「きちんと読まれる文章の秘訣」
本文「短くしろ。」
確実にきちんと読まれます。
読まれるけども…うん、なんだろうこの言葉にならないイラダチは。

■ 遊びを入れつつ

あまりに削ぎ落とすと、ただの報告になってしまいます。
「布団ほして出かけたら、夕立きました。」
味気ない。
記事は適度に遊びを入れつつ、できるだけ短めに♪
適度ってなんだよ…
そこはほら、各自の責任で☆

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »