知識が脂肪に下痢になる?

高瀬のアイデアネタ帳

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
仮に、聖書を三日間読み込むと、キリストの素晴らしい教えを語ることは誰にでもできます。仏教の経典を読み込んで「お釈迦さまは、こんなに尊いことを伝えたんですよ」と話すのは、三日間でできるでしょう。
でも、どうしてその人は、キリストにもなれなくて釈迦にもなれないのか。
違いは…

【出典】サンマーク出版
『「そ・わ・か」の法則』
~人生を輝かせる“実践方程式”~
著:小林正観

■ 知識の下痢

一日に数冊のペースで読んでいるんですが、妙に虚しくなることがあります。
「こんなに知識を吸収してどうなるんだろ…。」
同じようなことが他の現象でもありました。
過食気味で食べまくってたんですけど、心の穴が埋まらないんです。
「こんなに栄養とってどうすんだ…」
下痢しやがりました。
ま、まさか知識の方も!?
案の定です。
読み返したとき「へぇ!」ってまた感動しちゃいました。
ちゃーんと身についてませんでしたね。
嬉しいんだか悲しいんだか…

■ 身につくのは脂肪?筋肉?

食事の場合、消化してくれればエネルギーになってくれます。
が、過ぎたエネルギーは脂肪になる…あぁヤダヤダ。
エネルギーは効率よく使い、流し流し世に返していきたいもんです。淀んだ水は腐りますから。
使えば筋肉にもなってくれるでしょう。
知識の場合はどうでしょう?
覚え暗記をすれば、とりあえずはエネルギーとなりそうですね。
でも、使わなければ?
脂肪です。
ただ知っているだけの知識は足枷にしかなりません。
ほら、知っているがゆえに行動できないことないですか?
「文章は書き出しが勝負っていうしな…」って書き出せない。
こんなのも、脂肪チックな情報…知識の足枷です。
足枷、脂肪になるくらいなら、もしかしたら下痢した方がいいかもしれない。
まぁ、足枷脂肪も使いよう…なんですが。

■ 即実践

さて、ここで最初の引用に戻ります。
知識が豊富にあっても、なぜキリスト、釈迦になれないのか?

違いは「実践しているかどうか」ではないでしょうか。(中略)“知った”ことは、“実践する”ことで完結します。

小林正観さんのおっしゃるとおりだと思います。
スマート【smart】って日本語では見た目すらりとしたって意味です。
でも英語では利口って意味だったんですね。
プクプクとスマートの違いはエネルギーを使えているかどうか。
頭デッカチと、スマートの違いは、口で示すか、行動で示すかの違い…
知識を実践しているかどうかです。
見た目も中身も、スマートで粋な人になりたいもんです。
と書いてる僕が一番耳が痛い。あわわわわ。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »