片付け上手になる方法

すぐやる人のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】小さいときにやっつける。
「うわぁ…こんなに育つぅ、木?
早く片付けてればよかった。」
片付け上手になる方法
by:Andrew S. Campbell

今回は「目がテン!」から。
片付け上手になる方法です。
何を隠そう、僕が一番の苦手分野「片付け」。一緒に片付け上手になりませう。
やること、そして心がけることは、とっっっても簡単だということが判りました。

■ 片付け上手。片付け下手。

目がテン!でこんな実験をしていました。
・片付け上手だと思っている人の群、
・片付け下手だと思っている人の群に分けて、
机いっぱいに置かれた食器全てをひきだし棚に収納するという実験です。
時間を測ったところ、意外な結果が出ました。
片付け上手だと思っている人の方が時間が長くかかったんですね。
そしてさらに片付けた場所も、片付け上手の人たちの方は整っておらず、ひきだしが開きにくくなっていたりしました。
片付け下手だと思っている人達の方が、片付けるのが上手だったんですね。
しかし…

■ 片付け上手になる方法

実際、「片付け上手」という人の部屋は普段から整っていて、「片付け下手」だと思っている人の部屋はすごいことになっています。
なぜなんでしょう。
片付けるのは本当は上手なのに、部屋は汚くなってしまう。
それは次の実験であきらかになりました。
『(片付いた)ある部屋で「目がテン!シール」の貼られたものを6つ探すという課題』に二つの群の人たちが取り組みます。
片付け下手の人たちが探しているうちにドンドン部屋が散らかっていくのに対して、片付け上手の人たちは、全然散らからないのです。
理由は簡単。
出した端から片付けていくから。
本当に基本で、おばあちゃんに習うようなことです。
「弥一、出したらしまえ!」
耳にタコができるほど言われた。
タコが言われるほどできなかったんだから、いつまでたってもできなかったんだろうな。
あぁ、そうだ。今もできてないんだった。

【引用】「片付けだと思わず、次に遊ぶ準備だと思えばいい」
~所ジョージさん~
【出典】『目がテン!

■ 仕事も片付けも小さいうちにやっつける

「弥一の通り道に、包み紙、箱、袋が落ちているのを見て、怒りを通り越して『いとおしい』と思っちゃったわ」
なんて言ってくれる嫁…がいればいいなぁ、なんてね。
やることが大きくなってくると、やる気を起こすのにも一苦労です。
仕事のメール返信だって、先延ばしにすればするほど「ちゃんと書かないといけないから…」とか考えちゃう。
すぐ書けば、「ありがとうございました。」だけで済むこともあるのに…。
相手がデカいとやる気が起きません。
重い腰だからあがらないっていうか、腰が軽くたって両肩に乗っているものが大きく重くなってるんだからいたしかたありません。
やはり、そうなる前にやっつけられる人に憧れるわけですよ。
その資質を育てるのが、
「出したらしまう」
昔、誰もが親から、もしくは祖父母から聞いたことがあるような教訓。
でも、これができるようになれば「すぐやる」仕事人になれるような気がするのです。
片付け上手は、仕事片付け上手でもあります。
一つの仕事が終わったら、その残骸が残ったまま次に向かっている僕です。
それが変わるだけで、処理スピードが上がることは間違いありません。
仕事やってる時間より、仕事の資料探している時間の方が長いんじゃないか!?という今と比べたら確実でしょう。
小さいところからはじめてみませんか?

「出したらしまえ、弥一!」

次遊ぶ準備やと思ってね。

■ 捨てられない、あなた

ちなみに、捨てられるようになる方法も紹介されていました。
「捨てる」じゃなくて「寄付する」。
「もったいない」という罪悪感があるのだから、もったいなくないようにすればいいんですよね。
寄付、しましょうよ♪
寄付する場所を紹介しているページ
今回も長い文章、ありがとうございました。
久しぶりのPC更新で、千石写真などもつけてみました♪♪

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »