気づく、アイデア

アイデアの作り方


【引用】
世間からみた失敗は、僕にとって大切な贈り物に変わり、「失敗は成功の始まり」このことを本質的に理解し始めたのである。

【出典】幻冬舎
『神はテーブルクロス』
著:須藤元気

■ 知っているか。わかっているか。

「わかっちゃいるけどやめられない♪」
大好きな植木さんが亡くなってから、大分たちます。
いつもあの笑顔に励まされていました。
わかっちゃいるけど、やめられない…
その通り!その通りだから心地がいい。
でも、どこかで感じているんですよね。
本当はそれ、わかってないって。
知っていると、わかるは違います。
頭に入っているだけ、これが知っている状態。
体で感じて〈本質的に理解〉したことが、わかった状態。
できるようになった状態といってもいいかもしれません。

■ 気づくとは?

知る状態と、わかる状態を繋ぐ橋を、【気づき】といいます。
【ひらめき】ともいえるし、【理解】とも、【悟り】…これはちょっと大げさかな。
「あぁ、このことだったのか!」
繋がるのは快感です。
…そのままの意味ですよ。
いや、あの、話の流れのままの意味ということです。…続けます。

■ 気づくためのアイデア

「あ!なるほど!」
という快感、繋がる・気づく快感を得るにもコツがあります。
それはアイデアの作り方と同じ。
繋がりを得たいなら、
要は繋がるものをたくさん持っているといいんです。
つまり、知っている状態を増やすということ。
知識を増やすということです。
ストライクゾーンが広ければストライクを入れやすいでしょ?
それは気づきやすいということであり、アイデアが浮かびやすいということです。
アイデアがない、そう感じているなら、もしかしたら見えていないだけかもしれません。
見る準備をしないと見えるものも…。
チャンス同様、気づき・アイデアも、準備ができたところにのみ訪れるみたいです。
~器を用意せよ、さらば注がれん~
わかっちゃいるけとやめられない♪
これが言えるなら、いずれやめられるような気がしてきました。


« »

コメントを残す