毎日がスペシャル

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

竹内まりやさんの『毎日がスペシャル』が名曲すぎる件について。

■ 『毎日がスペシャル』憂鬱な日もあるよね

僕の娘は寝起きがかなりいいらしく、起きた瞬間に笑顔を向けることがあります。
天使か!?なんて我が子ながら思うのですが、その姿と自分の姿を見比べてしまうのですよね。
起きるなり、
「あぁ…今日までの仕事やってない。どうすんねん…」
これは昔から変わってません。
「あぁ…今日までの宿題やってない。どうすんねん…」
憂鬱の種は仕事だけじゃなくて、
「あぁ…昨日嫁ちゃんイライラしてたなぁ…俺が家事押しつけすぎなんや…体力無さ過ぎ…」
「あの人、なんであんな言い方してくんねやろ…ひどい」
「雨か…家に傘無いし。駅までどうしよう…」
「ゴミ捨てやぁ!電車間に合わない!」
僕の方は起きるしょっぱなから憂鬱考えてるのに、娘はキラキラ笑顔。
「今日はどんな素敵な一日なの??♪」
励まされ、反省させられます。

■ 『毎日がスペシャル』息をしているだけで幸せ

結婚式でもこの『毎日がスペシャル』を使わせていただきました。本当にいつ聞いても励まされます。

【引用】
でも気づいてるの目覚めた朝
息をしてるだけで幸せなこと
だから良い天気じゃなくっても、お休みじゃなくっても、占い「ラッキー」じゃなくってもね
Oh毎日がスペシャル 毎日がスペシャル
Spesial day for everyone
【出典】『毎日がスペシャル』作詞:竹内まりや

娘は自分が「息をしているだけで幸せ♪」っていって笑顔なわけないけど親は考えるのですな。
「いろは、ちゃんと今日も起きてきたやん」って。
初めての赤ちゃん、新生児、心配なことばかり。
変な発作に救急車呼んでみたり、緊急医にかかってみたり。
娘が息しているだけで幸せ。
そしてそんな風に誰かのことを思うみたいに、自分のことを大切に思うと、やっぱり、
「自分も息をしているだけで幸せ」です。

■ 『毎日がスペシャル』ツイてないと感じる日もある

こっちが雨で、北上する電車に乗って降りたら雪でしょ?ダブルで塗れてビチョビチョです。
この間は、よし急いでいくぞ!なんて駅まできたら定期を持っていない。
自転車で往復30分。間に合うわけありません。始発にのらないと仕事にいけないので、あぁ…今日は車か…ツイてない…なぁんて考えるときがあります。
家族で動物園いっているのに気の張るお客さんに会ったり、スーツに着替えなければいけないのに、いざ着替えてみるとネクタイない…あれ?革靴もない!?とか。
自業自得といえばそうですが、ツイてないなんて思ってしまいます。
それだけじゃなくて、なんでこんなにチビに生まれちゃったんだろうとか、あいつみたいにモテてたらとか、運動神経がほしいとか、なにかしら持ってなくてツイてないなぁなんて思ってた時期もありましたな。

■ 『毎日がスペシャル』心の持ち方でどうにでもなる

【引用】
でも知っているの人生とは
心の持ち方でどうにでもなると
たとえ優等生じゃなくっても人気者じゃなくってもナイスなボディじゃなくってもね
Oh毎日がスペシャル 毎日がスペシャル
Spesial day for everyone
【出典】『毎日がスペシャル』作詞:竹内まりや

ほんと、心の持ち方次第なんですよね。
チビで損するって前提がおかしいし、モテるモテないの尺度も変えれば自分もモテモテだし、運動神経なくったって毎日走れる足があるし、鍛えればそれなりになるし、大人になってから体力は使うけど運動神経あんまり使わないしね。
会議に一人ジャージでも笑い話にできるし、動物園でお客にあっても「普段はいいパパなんだな」のアピールチャンスですし、電車に遅れたっていいランニングになって、1時間の車通勤も楽しいドライブにもなりますもん。

■ やっぱり『毎日がスペシャル』

【引用】
誰もがみんなちょっとずつ年をとってゆくから
何でもない一日が実はすごく大切さ
今日が誕生日じゃなくっても記念日じゃなくっても給料日じゃなくってもね
そう毎日がスペシャル 毎日がスペシャル
Spesial day for everyone
毎日がスペシャル 毎日がスペシャル
Everyday is a spesial day
【出典】『毎日がスペシャル』作詞:竹内まりや

ね?『毎日がスペシャル』すごいいい歌でしょ?
ぜひぜひ聞いてみてください。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »