最後に笑うには?

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 今日のアイデアフレーズ

道具を大切に使うものは、道具に愛されます。
スポーツでも、勉強でも、仕事でも、最後に笑うのは道具に愛された人です。
~千石弥一~

■ 恩師の教え

テニスで負けたとき、悔しくてどうしょうもなくてラケットを破壊してしまったことがあります。
「道具に当たるようじゃ、それまでだ」
恩師の言葉です。
今なら、悔しさ、怒りをラケットに向けるもったいなさが判ります。
感情の力を無駄に浪費せず、建設的にトレーニングの方向へ向けるのが一番いい。
頭では判ってんだけど…

■ 最後に笑うには愚痴を無くす

普段でも理不尽なことやら、ツいていないことが起こると、ついつい愚痴を言ってしまいます。
恩師の言葉を思い出すと、
負けてラケットにあたりちらしているのと変わらないぐらい、これももったいないんやろなぁ、
と考えさせられます。
スポーツでも、勉強でも、仕事でも、恋愛でも、無駄なところに力を使わず、
自分が影響を及ぼせる場所にフォーカスして感情・行動力を使いたいものです。
その方法として、妬まない・怒らない・愚痴らない。
と言いつつ、僕もなかなか徹底できてないのが現状。
愚痴を言う度、腕時計を左から右、右から左腕と付け替えているのですが、この朝にして2往復してしまいました。
少しずつがんばりますよ。
最後には笑いたいもの。
今も笑うけど。
長い文章、最後までありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »