斜め読みに耐える記事を書くコツ

惹きつける記事の書き方


■ ブログは斜め読みされている

ブログは全部が全部、始めから最後まで読まれているわけではありません。
ほとんどが斜め読みされている。
「せっかく流れを構成しながら書いているのに!」
となげいていてもしかたありませんので、斜め読みをされても、ふと立ち止まりたくなるような記事の書き方を考えてみましょう!

■ 読まれる場所

記事にもやっぱり、特に読まれる場所というのがありまして、
そこに力を入れていく
というのが、斜め読みに耐える記事の基本だと思います。
読まれる場所というのは、

  • 題名
  • 冒頭
  • 末尾

  • です。
    この部分にその記事の大切なこと、
    読み手の目を惹くキャッチコピーを入れると効果的なんですね。
    「おおっ!よく読んでみようか?」
    ということになる。

    ■ 読み手に気づいてもらう

    記事の中で目立つ一等地が、題名、冒頭、末尾なんですが、
    要するに斜め読みをしている読み手の方に、
    「ここに重要なことを書いていますよ!」
    とお知らせできればいいわけです。
    そこで使える技が、

  • 強調
  • 箇条書き

  • です。
    差別化されていれば目立つのは当然。
    太字にしたり、文字サイズを大きくしたり、色を変えたりしてもいいと思います。

    ■ 小見出しのススメ

    強調する技の中でさらにオススメしたいのが、

  • 小見出しを付けること

  • 強調される上に、小見出しというのはプチ題名の役割をしていますよね?
    斜め読みされる方でも、多くの人は小見出しぐらい読んでくれています。
    自然と気になる小見出しがあれば読んでもらえる。
    小見出しはオススメです!
    ちょっとずつ改善して、一緒にいい記事書けるようになりましょう♪


    « »

    “斜め読みに耐える記事を書くコツ” への2件のフィードバック

    1. IMS より:

      アイデアマラソン研究所です。
      アイデアマラソンブログのアドレスを変更しました。http://air.ap.teacup.com/idea-marathon/
      ご訪問をお待ちしています。

    2. にゃきぶ より:

      千石弥一さん、初めまして!
      私のブログにコメントありがとうございました!!
      さっそくちょこちょこ読ませていただきましたよ。
      いや~、なるほど。面白いです。
      今一番興味のあるブログの記事関係の記事をざっと読みました。
      私がなんとなくでしたが、ブログを書くにあたって気をつけていることが書いてあって嬉しかったです。
      私は間違っていない!これからも、アクセス数とかランキングとか気にしないで、このペースで続けようと言う気持ちになりましたよ(^^)
      リンク、ありがとうございました!!
      私なんかのブログを・・・なんか光栄です。
      こちらからもリンクはらせていただきますね。
      これからもよろしくお願いいたします。

    コメントを残す