成功とは

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ アイデアフレーズ

【引用】ある現象が次に来たとする。そのときに「私」が
「あ、楽しい」
と思ったとします。その瞬間にこれは楽しいことになります。「楽しい」と思わなかったら、これはただ通り過ぎるだけのことです。では、「私」が全部決めている、ということになります。幸も不幸も、勝ちも負けも、成功も失敗も、敵や味方も、全部自分が決めている。「私」がそう決めなければ、敵も味方も、成功も失敗も、勝ちも負けも、幸も不幸も全部宇宙には存在しないのです。
【出典】講談社『「人生を楽しむ」ための30法則』P90-91 著:小林正観

僕、猫が好きなんです。猫かわいいです。
でも、猫がかわいいわけではありません。
「猫をかわいいと感じられる心」が僕の中にあるから、猫がかわいいのであって、猫は猫なんです。
当たり前なんですが、当たり前すぎて応用が利きます。
全部のこと、そうじゃないか!と。

■ 成功とは

目標があったとして…たとえば作家を目指しているとするじゃないですか。
「あぁ…成功してないなぁ…自分」
というのはですね、ただ単に「成功していないと感じられる心」が僕の中に存在しているだけなのでありますね。
こういう人は成功の定義を変えた方がいいかもしれません。
なんとなく
「一般的な作家としての成功は、本をコンスタントに出し、いくつかの出版社からオファーが来ていて、月の稼ぎが○○万円で…」
な〜んて思っているかもしれないから。
それよりも、こんな成功の定義はどうでしょう?
成功とは…

【引用】幸せに感じられることをしていて、自分の情熱をさらに拡大していけるような現実があれば、その人は成功しています。
【出典】VOICE新書『未来は、えらべる!』P39 著:バシャール(ダリル・アンカ) 本田健

ブログに記事を書いて、「今日も読みました!」なんて感想をツイッター、フェイスブック、メール、コメントでいただく。
この時点で本を出していなくとも「作家として成功している」と思うことだってできるんです。
「そんなん成功かよ!成功ってのは…」
と考えることだってできる。
でも、どっちの方が自分がワクワクできるかで選べばいいと思うのですね。
「たくさんの人が応援してくれている。これからも書き続けていくぞ!」でワクワクするならそう思えばいいし、
「まだまだ!俺はまだまだ成功できてないんだ!!」でワクワクするなそう思えばいい。
ただ、なんとなくの定義で「成功できてない…ダメだ」はもったいない。
僕は今も見事な成功を遂げているようなので、これからもやっていきます♪なんて考えるのは、それがワクワクするからです。
周りがなんといおうが。

■ 成功とは…は、幸せにも

「幸せか、不幸せか」それを決めているのも自分の心だということですよね。
お金があっても孤独で不幸せな人がいれば、そうでない人もいる。
お金がなくても家族と笑顔で幸せな人がいれば、これまたそうでない人もいる。
幸せになるには、自分の中の「幸せの定義」を考え直すのがいいのかもしれません。
引き寄せの法則が好きなのです。「類は友を呼ぶ」を完全に信じています。
「幸せだな」と感じているときは、なんで幸せなのかという理由をポンポン見つけていくけど、
「今日ツイてないな」と感じているときは、今日のアンラッキーを数えてしまいます。
成功だと感じる心は、起こる現象を成功に見せてくれるし、幸せだと感じる心は、現象をどんどん幸せに見せてくれる。
同種のものを引き寄せるカラクリって、目の前ものが同種のものにしか見えなくなるからかもしれません。
長い文章、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »