怒りがこびりつくあなたへ3「他者中心→自分中心」

自分ブランディング


前回までのまとめ

  • 怒りのシーンを何度も何度も思い出して「今度はこうしてやる」と考えているのが、「怒りがこびりついた状態」
  • 自分の怒りの感情に気づかず笑顔で流す、そんな感情と行為の隔たりが、「ああしてやればよかった」という怒りのこびりつきを生む。

(cf「怒りがこびりつくあなたへ1」)

  • 怒るような出来事があるにしても、本音に嘘をつくことで、怒りのこびりつきに自分も荷担している
  • 他者中心になる、自分の気持ちをないがしろにしていると、いつか爆発してしまう
  • 他者中心の姿勢は、幼少の頃からの経験で、骨の髄までしみこんでいる

(cf「怒りがこびりつくあなたへ2」)

■ 自分中心になる方法「相手に求めない」

相手をどうこうしたいという気持ちは、実は「他者中心」の考え方からきています。
「自分中心で考え、自分を大切にするために相手に変わってもらうのではないの?」
と言われそうですが、少し違います。
相手を変えたい、相手が変わるべきだ、という考えは、「相手のために自分は変わってきた」という経験から出ています。
「私も人のために変わってきたんだから、あなたも人のために変わるべきよ」
「私も犠牲を払ってきた。あなたも犠牲を払うべきだ」
親がこうなれといったように自分がなってきた、のなら、相手も同じように「自分がこうなれ」という姿になるべきだ…と。
これは立派な他者中心です。
とすると、自分中心になるためには、相手に求めてはいけないということになります。
相手に求めてはいけない…もっというと、自分を自分で満たしてあげる。
相手に満たしてもらおうとしないということです。
怒りがへばりついているとき、つまり、あの時のことをシミュレーションしているとき、どんなことを頭の中で言っているのでしょうか?
冒頭の言葉を取り上げますと、
「くっそぉ、お義母さんはあんなこというなんてひどすぎる!いなくなればいいのに!!」
「なんであんなクレームを俺が受けなきゃいけなかったんだ!しかも人格を否定するような言い方しやがって!」
「先輩はどうしてあんな意地悪な言い方しかできないんだろう!」
「あいつ、俺がおとなしそうだからってナメやがって。不良がなんだ!!いつか殴ってやる!」
このどれもが、自分中心になっていないことが判ります。
相手の行為に焦点があり、自分の感情をないがしろにしています。
相手にどうなってほしいとか、相手がどうにかなることを祈っている。
これは自分中心ではありません。
「そりゃ怒るよね。怒ってもしかたないよ。」
そうやって自分中心に、自分の感情へと焦点をあててください。
相手をどうにかすることではなく、自分の怒りの感情を受け入れ、なんとかするのが先決です。
相手に求めても、いらだちが募るばかり。
シミュレーションならなおのことでしょう。

■ 自分中心で感情を処理する

【引用】自分を愛するには、あなた自身がもっと「自分に関心を抱く」ことです。自分に関心を抱いて「自分を愛する行為や行動のほうに焦点を当て、その”心地よさ”を実感する」ことです。
【出典】すばる舎『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』P108 著:石原加受子

怒りのこびりつきを少なくするには、事が起こったとき、本音と建前のへだたりを自分の中で少なくするのが大切でした。
つまり、自分中心に感情を処理する。
無意識に、それはもう自動的に愛想笑いで流してしまうなら、まずはそのときの自分の感情に気づくのが第一です。
自分の気持ちに気づくことができれば、その心を大切にしてあげることができますから。
「おい千石、これ100部作っといてくれ」
「はい…(今自分の仕事いいとこなのに…なんで俺にばっかり雑務を押しつけるんや!)」
この場合、「自分の仕事をしたい」という欲求に気づいている点で、ただ愛想笑いしているよりマシです。
でも、他者中心になってしまっている。雑務を押しつける上司に焦点がいっていますからね。
「おい千石、これ100部作っといてくれ」
「なんで僕にばかり雑務を押しつけるんですか!!」
とやってはあまりよくないでしょう。他者をなんとかしようとする処理です。怒りはおさまりません。
自分中心なら、
「おい千石、これ100部作っといてくれ」
「はい!ですが、今この仕事が乗ってきていますので、20分後に始めてもいいですか?」
自分の感情(本音)を表現できているので、建前との隔たりが皆無です。
この後の上司の言葉がなんであろうが、自分中心の表現をし、自分の感情・思いを大切にできているので、心に満足感が生まれます。

■ 自分中心の表現方法

【引用】「自分表現」の基本公式はいたって簡単です。
「感情の言語化プラス意志」で自己完結させる。
この法則にのっとると、まず、自分自身の心が楽になります。肉体も力が抜けて楽になります。身体的にそうなるのです。
どうしてでしょうか。
それは「自分の気持ちや意志」を表現しているとき、その瞬間瞬間が、「私を愛している」ことになるからです。私たちは自分を愛することができると、深い満足を覚えるのです。
【出典】すばる舎『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』P161 著:石原加受子

上の例でいえば、感情の言語化(今この仕事をやりたい)+意志(20分後に100部作る)ですね。
人は見えやすいところに焦点を置いてしまいます。
相手の気持ちは見えません。どれだけ立場に立とうが、想像です。
本当に判るのは自分の気持ち。そこを見ればいいだけだから楽。
ですが、自分の気持ちよりもっと見えやすいものがある。
それが「相手の行為」。
他者中心に、相手の気持ちに焦点をおけば、妄想に振り回されることになります。
他者中心に、相手の行為に焦点をおけば、報われることのない望みに焼かれてしまいます。
自分の気持ちに焦点を置きませんか?
そのときどきに起こる小さな怒りの感情を大事に、自分中心に受けとめ処理していけば、大きな怒りになってへばりついていくこともなくなります。

【引用】どんな場面においても、その中に、「いまの自分」がいると同時に「過去の自分」もいるのです。
ここが非常に重要です。
過去の痛みといまの痛みとが、気づかなくても重なってしまう。これは、私たちの弱点であり、同時に、強味とも言えます。
「現在の私」は、「過去の私」の延長線上にいます。
だからこそ、過去に戻らなくても、いまの自分を変えることで、あなたは、過去の自分の痛みを癒すことができるのです。
【出典】すばる舎『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』P112 著:石原加受子

今の自分が変われば、過去の自分の痛みも癒すことができるのですね。
自分の気持ちを大切にしたいと思います。
三作にわたり、長い文章におつきあいいただき、ありがとうございました。
石原さんの『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』、おすすめです。
参考にしてください→
怒りがこびりつくあなたへ1
怒りがこびりつくあなたへ2


« »

“怒りがこびりつくあなたへ3「他者中心→自分中心」” への3件のフィードバック

  1. じん より:

    色んな本を読んだのですだ「自分を愛する」ってどうやっていいのかわかりませんでした。これを読んでちょっとわかってきた気がします。ありがとうございました!!

  2. じん より:

    すみません!読んだのです「が」でした(爆)。

  3. 千石弥一 より:

    「自分を愛する」って、愛し方を間違うと過保護になっちゃってよくありませんし、「愛のムチ」なんてやっちゃうとスパルタで、これまたよくありません…。中庸、バランスのとれた位置ってのが僕も課題です。
    こちらこそありがとうございました♪

コメントを残す