強運なブログ

ブログブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】私は、「目の前の人が、私と会って、幸せになってくれたらいいな」って、いつも思っているんです。
あと、本を出すときは、「お客さんが、この本を買ってよかったと思ってくれたらいいな」って考えて書いているんです。
これが強運の「定理」なんです。
【出典】PHP研究所『強運』P43 著:斎藤一人

■ 強運な人

千石の友だちや周りの人って、こういう人が多いのです。
「楽しいなぁ」
「いいよねぇ、こういう会って♪」
「やっぱりメンバーでしょ♪」
言葉で楽しさを表現してくれるから、こっちも楽しくなってきちゃう。
相手を幸せにする人が多いのですね。
すごいのが、「やっぱりメンバーでしょ♪」って、きっとどこでもそんな風にいえるのだと思うのですね。
だって、毎回ニューカマーが半分をしめるのにいつでも楽しんでいるんだから。
もうその人たち自身が「楽しませる人」なんだと思います。
メンバーでしょ!といいながら、いい意味でメンバー関係なく楽しませている。
こういう人が周りを幸せにするのですね。
目の前の相手をいつでも幸せにしようとしている、なんと強運の持ち主たちでしょうか。

■ 強運なブログ

強運の「定理」のとおり、ブログもそうありたいなと思います。
目の前のあなたが幸せになるような、読んでよかったなと思えるような、そんなブログを書きたいですね。
強運なブログを書くのは簡単かもしれません。
ただシンプルに、ひたすらに、読み手のことを考えて書くだけだから。
あまりに結果を求めると「読み手を幸せになんてできない!」と投げてしまいそうになりますが、最初っから百発百中ホームランなんて狙わないでいいのでしょう。
世界のイチローだって3割。
最初は1割かもしれませんが、心を込めて書いていれば、相手を楽しませる確率が2割、3割と上がっていくのでしょう。
ヒット率を上げるよう、これからも強運なブログを心がけたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
※こんな感じで、ブログについての電子書籍を書いています。
書き上がりましたら報告しますので、そちらもよろしくお願いしますっ!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »