小さいことで傷ついてしまう…理由

恋愛のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

ちょっとした心ない一言で傷つきます、僕。
ひどいときなんか、
「風邪?若いのに長引くね…ほんとお大事に」
あわれみ!?いやみ!?…なんちゃって、相手のやさしさにすらグサっときたりしてね。
簡単な言葉、小さいことに傷つくな、ってときの原因は、どうも自分にあるみたいです。
と、その前に「本当の愛」の話。
そういえば最近びっくりしたのが、Yahoo!検索「本当の愛」で「アイデアホイホイ」が上位ヒットしてるみたいです。
…いやん、語るほどの愛も交わしてないのにん♪

■ 「本当の愛」と「それ以外の愛」とは

【引用】「無条件の愛」には「所有の観念」がありません。「ねたみ」もありません。もちろん、「規則」も「行動の制限」も「考え方の制限」すらありません。
それこそが、「本当の愛」であって、「無条件の愛」以外の「条件付きの愛」は、本当の愛ではありません。
【出典】ダイヤモンド社『自分を超える法』P69 著:ピーター・セージ 訳:駒場美紀+相馬一進

定義しだいなのだと思うのですが、ピーターさんのいう「本当の愛」は「無条件の愛」とのこと。
「あなたがどうなろうが、なにもしてくれなくても、私はあなたを愛しているわ」
限りなくこれに近い、と思われるのが…嫁をほめるようでいやなんですけど…母子の愛のような気がします。
赤ちゃんに「これしてくれ、あれしてくれ」という母は、たぶんいません。
「はい、今泣きやんでくれたら大好きよ。でもまだ泣いているからダメ!」
なんてことはないもの。
「弥一さん、掃除機かけてくれる?(じゃないと嫌い)」
という私に対しての条件付きの愛はあっても、
「おいろはん(娘)、掃除機なんでかけられないの?(だから嫌い)」
なんてのはなかなか見受けられません。
母は偉大だと思います。
僕なんか、抱いた瞬間泣かれただけで、
「あぁ…もう娘に嫌われた」
なんて傷ついてるんです。
なんでこんな無条件の愛が可能なのか?
あんなことされたって、こんなことされたって傷つかずにいられるのか?
と考えていくと、「小さいことに傷つく理由」と、その対策が見えてきます。

■ 水の話、金の話

砂漠にいます。
「何を突拍子もない」
なんて言わずにつきあってください。
あなたは砂漠にいます。500mlのペットボトルに入った水だけしか残されていません。
ふとした瞬間、その水をラクダに乗った何者かに奪われます。もう必死で追いかけますが、ラクダ、早っ!追いつけません…どんな気分ですか?
「くっそ!ここにきてラクダのひったくりにあうなんて…どんな確率よ…ツイてる」
笑えませんよね。
次は、少し変えます。
砂漠にいます。500mlのペットボトルの水を飲んでいるところ、いきなりラクダに乗った何者かにそれを奪われます。あなたは追いかけません。
なぜか?
あなたの後ろにはあなたの所有するオアシスが広がっているからです。
どんな気分ですか?
「水がほしいなら、あげたのに」
なんてね。
ピーター・セージさんは、お金の話をしてくれました。
手持ち1000円ポッキリ…その1000円を奪われたらもうドン底。でも、100億円持っているところ、1000円奪われても、
「どうしたんだろう…1000円を奪わなければいけないほど追いつめられたのは、どうしてなんだろう」
奪われた水、金は同じです。やられたことは同じ、でも感じることが全然違う。
満たされていないところを奪われると、絶望です。
でも、満たされまくっているところを奪われても、傷つきはしないようです。
愛も同じで…

■ 小さいことで傷ついてしまう…理由

【引用】怒りや、悲しみや、不安や、絶望感を感じたり、そこまでいかなくても、カチンときたり、ムッとしたりするということは…、
「あなたが相手に愛されていないと感じるから」だけでなく、私たちが持っている「自分自身に対する愛の量」が不足しているからであって、「唯一持っているもの」を守ろうとしてしまうから
なのです。
【出典】ダイヤモンド社『自分を超える法』P72-73 著:ピーター・セージ 訳:駒場美紀+相馬一進

小さいことで傷ついてしまうのは、愛で満たされていないからのようです。
愛情にもストックがあって、それがあまりにも少ないと、心ない小さな一言でも傷ついてしまう。
もしくは自分の最後の水を守ろうと反抗してしまう。
「うるせぇ!ほっとけよ!!!」
あ…耳が痛い。

■ 小さいことに傷つかない方法

【引用】すべての出発点は「自分が自分を十分に愛すること」です。
【出典】ダイヤモンド社『自分を超える法』P77 著:ピーター・セージ 訳:駒場美紀+相馬一進

奪われても傷つかない、あげるときだって無条件、そうなる方法は同じ。
自分のバケツから相手に水をあげるには、自分のバケツいっぱいに水を満たしていないといけないみたいです。
なまじ中途半端な量しか水が入っていないもんで、
「チューしてくれたら、一杯あげる」
なんて条件付きの愛しか出せない。
自分がまだまだ満たされてないんですね。
「おう、なんぼでも水くんでいって!コンコンとわき出てるから」
こんぐらい言ってみたいもんです。
そのためにも、自分が自分を十分に愛してあげないといけないんでしょうね。
「よく頑張ってるよ。お疲れさま。」
今七時ですけど、お仕事の具合どうですか?僕は帰りの電車に揺られています。
一日の家事は踏ん張りどころに入りましたか?
どうか自分を労ってあげてください。
長い文章、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたは、素晴らしいぃぃぃ!!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »