富を増やす第一のアイデア

高瀬のアイデアネタ帳


【引用】
愚か者めが。おまえが支払いをしている相手は、すべて自分以外の人間だ。まだ分からぬのか。おまえは他人のために汗水たらして働いているのだ。食べ物と着るものをくれる主人のために働く奴隷と変わらぬのだよ。

【出典】キングベアー出版
『バビロンの大富豪』
~「繁栄と幸福」はいかにして築かれるのか~
著:ジョージ・S・クレイソン
訳:大島豊

■ 貯金できる人、できない人

貯金できない人ぉ、手ーあげて♪
「はいはいはいはいはいはいはいはい!」
僕もです。
でもできるようになりました。
すっごい単純な方法で。
これは貯金できる人と、できない人を分かつものです。
だから、これを知ったとたん、あなたは貯金できるようになる。
そしてこれが『バビロンの大富豪』に書かれている、
富をもたらす第一の知恵、アイデアです。
聞きたいですよね?

■ 富をもたらす第一のアイデア

もったいぶってすいません。
いよいよです。
〈稼いだものは、すべてその一部を自分のものとして取っておく。〉
これだけです。
あ、閉じないでください!
まだです。
大切なのはここ。
稼ぎを得たら、最初に一割貯金しちゃう
僕は貯金できないとき、いつも
「給料日前余ったら貯金すればいっか」
というスタンスでした。
これだと往々にして貯まりません、ってか余りません。
そして、余ってもいつのまにか次ぎの月になっていて、今月の最後余ってたら…となり。
貯金は来月、来月はこない構図ですよ。
~明日はいつまでもこない。あるのは今日だけだ。

■ 富を増やす第二のアイデア

つまり毎月ギリギリの収入で生活してる。
だから貯まらない…んですが、不思議なことが起こります。
最初に貯金しちゃうと、残りのお金で生活できちゃう。
普通無理でしょ?
十割りでカツカツだったものを九割におさえるなんて…
でも最初に一割貯金しちゃうと、手元の九割でなんとかなっちゃう。
九割で生活すると心に決めてください。
九割の中で〈一番大事な欲求が叶えられるよう支出のための予算を〉組んでください。
〈財布をふくらませてくれている一割〉をまもるために。
これが富を増やす第二のアイデアです。
欲と必要経費を見分けるための物差しをもつ。
予算が、その物差しです。
貯金できないんだよなぁ…ってあなた!
ぜひやってみてくださいよ。
最初に、一割、貯金、しちゃう♪
最初に、一割、貯金、しちゃう♪
最初に、一割、貯金、しちゃう♪♪
他人ではなく、
まずは、あなたに一割支払ってあげてください。
貯金できるようになりますよ!
そして、貯金できるようになったらそれだけではいけないんですね。
淀んだ水は腐りますから。
どうすればいいか?
それは、また今度♪

【出典】キングベアー出版
『バビロンの大富豪』
~「繁栄と幸福」はいかにして築かれるのか~
著:ジョージ・S・クレイソン
訳:大島豊

おすすめ!

■ 『富を増やす第一のアイデア』関連記事


« »

コメントを残す