宝くじで幸せにはなれない?

自分ブランディング


◆ 宝くじ好きですか?

携帯電話で記事をつくるの久しぶりです。
いつもポメラちゃんにお世話になっておりましたので、有り難みがわかるわぁ。
で、宝くじの話。
僕も宝くじ好きなんです。高校生のころ一億円を夢見て買っていました。
今は三億円ですもんね…ほしいわぁ三億。
自分も含め「宝くじを買う人」の多くに共通する願いがあります。
それはこの、
「三億円が勝手に懐に入ってこないかなぁ」
というもの。
ポイントは「勝手に懐に」です。

◆ 再現性の無い幸せ

「宝くじに当たった人物の幸福感を追跡調査した」という記事を読んだことがあります。
当たったときには大きな幸福感を感じているが、その多くの人は1年後、元の幸福のレベル、もしくはそれ以下になっていたそうです。
なぜか?
慣れ、ですね。
当たった大きなお金で豪邸を買い、1年後、それが形として残っていても人の心はその幸せに慣れてしまう。
「また当たらないかな…」
元の木阿弥。繰り返します。
そして「勝手に懐に」の宝くじには再現性がありません。
「一度当たったので、当たり方が判りました。十回に一度は当てられます」
なんてことは無いのです。(もしあるのなら、こっそり千石にだけ教えてくださいね♪)
「当たらないかな…当たったら幸せなのにな…」
当たらない自分は幸せではない、という確認を何度も何度も脳でするのだから、幸福感が上がるわけはありません。

◆ 当たったら不幸せ!?

こんなこと書いたら、宝くじ頑張っている人たちに怒られそうですね。
夢を売り、夢を買う。
僕も好きなんですよ、宝くじ。
ただ、買う側の心構えで、あまり幸せにはなれない、というのをお伝えしたいのです。
一時得られる幸せ、快感のおかげで種を保存してきたのだから、一時的な幸せも悪くない。
ただ、自慰行為などと違って、何度もいいますが、宝くじには再現性が無いのです。
かけがえの無いものを得られたとき、人は大きな喜びとともに、その大きさに見合う不安を抱えます。
娘を授かったとき、なんともいえない大きな感動で涙が出てきました。
しかし、しばらく抱いていて、その弱々しさに「もしこの子を失ったら…」、底知れぬ不安におそわれます。
もう「いろは」を授かることは一生できない。
親が、自分の子をなんとしてでも守るのは当然です。
「子はまた授かれるじゃないか」
なんて考えられません。
再現性が無いのだから。
話を戻します。
宝くじが当たっても、同じ方程式で、人は不安を抱えることになります。
再現性が無いことを、みんなどこかで判っている。
「誰にも渡さない!私のものよ!」
「失いたくない!こんな幸運、二度とないんだから」
「急になれなれしくしてきて…この親戚、私が当たったこと知ってるのかしら」
人間不信に陥ったりします。誰も信じられなーいって。
1年もこんなんやってたらノイローゼにもなりますよね。
湯水のごとく使った方がまだましです。

◆ 再現性のあるところで勝負する

パンを欲しがってる人にパンを与えるのはいいんですけど、もっと素敵なのは、パンの作り方を教えてあげることです。
一時の幸せも大事ですが、永く楽しめる幸せが、やっぱりいいじゃないですか♪
ま、たまに「勝手に懐に」を願いながら、基本は自分の力で左右できるとこで勝負していきませんか?
ポッともらえる一億より、自分で稼ぎ出した百円の方が価値があります。
ということで僕も電子書籍を書きました!あと体裁を整えるだけなので、良かったら買ってみてください♪
販売開始したらご報告しますっ!
長い文章、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


« »

コメントを残す