守破離

高瀬のアイデアネタ帳

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
学びの基本は、『守・破・離』の法則です。
守って、破いて、離れる。

【出典】ベースボール・マガジン社
『風の谷のあの人と結婚する方法』
著:須藤元気
質問送付人:森沢明夫

■ 守破離の守

あなたはどうやって学んできましたか?
全ての人にいえることだと思います。
学びはマネから始まった。
習字の手本は真似るためにあります。
空手の型だってそう、
文章の起承転結だってそうです。
おしゃれにしたってテレビの芸能人を真似、雑誌のモデルを真似てるでしょ?
学びとはマネびなんですね。
そして、これが『守破離』の【守】です。

■ 守破離の破

忠実に忠実に手本を真似るのが【守】。
その手本を破っていくのが『守破離』の【破】。
破っていくとはどういうことかというと、須藤元気さんお願いします。

〈基礎を『破り』つつ、そこに自分なりの色をつけていきます。いわばアレンジです。〉

ファッションだと、すぐこの領域に進むのではないでしょうか。
「このシャツには細身のジーンズもいけるかもなぁ」
ってなもんです。
でも、簡単に破るのはいかがなもんでしょう。
基礎がない応用は揺らぎやすいことこの上なし。
習字でもちゃんと真似しきらなければ、普段の字はアレンジ…というか元通りっていうか…ねぇ。

■ 守破離の離

基礎を固め、
アレンジにアレンジを重ね、
「あれ?原型はなんじゃらほい?」
となったのが、『守破離』の【離】です。
破の延長です。オリジナルといってもいいのでしょうね。

■ 守破離で大切なのは

守破離で大切なのは【守】であると思います。
基礎だから。
ほら、人間だれしも先へ先へと進みたがるでしょ?
でも、根の張り切れてない木はすぐに倒れます。
僕は耳が痛い。
習字に行っても普段の字が倒れまくってたのは僕のことです。
マネびを大切にしませんか?
自分のモデル、尊敬できる人を探しましょう。
そして、骨の髄まで真似しきりましょう。
基礎が固まれば恐くない。
恋愛上手も接客上手もバスケ、テニス、ぜーんぶモデル探しからです!
今日もありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »