妬む相手が見つかってワクワクする方法

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 妬む相手が見つかればラッキー?

「いいなぁ…あの人はあんなに仕事できて」
勝間さんの三毒追放やらなんやらを紹介させてもらっていますが、
気を抜くと妬んじゃっています。
いかんいかんと思いますが、徐々にですよね、徐々に。
気合いとしては「一気に妬み0を目指すぞ」なんですが、まぁ現状に落ち込むのはやめましょう。
そんな今日は妬むような人が現れたときはラッキーかも、という話。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】私にとって相手を妬んでいる暇があったら、妬みたい相手とお友達になってしまえばいいという発想です。
妬むぐらい羨ましい人がいたら、その人がお友達になりたいと思うくらいの魅力的な人物になり、こちらから友人関係をオファーするのではなくて、向こうからオファーしてくれるところまでいく努力をします。
【出典】ダイヤモンド社
『起きていることはすべて正しい-運を戦略的につかむ勝間式4つの技術-』
著:勝間和代

■ 尊敬される人、嫉妬される人

尊敬される人になるか、
嫉妬される人になるか、
これを選ぶとすると、あなたはどちらを選びますか?
強いて選ぶとすれば、僕なら嫉妬よりも尊敬されたいなぁと思うのですが、
嫉妬される人の方がすごいという考え方もあります。
理由は尊敬の対象は真似できるけど、嫉妬の対象は真似できないからです。
嫉妬される人は他の追随を許さないんですね。
「いいなぁ…あの人はあんなに仕事できて」
この言葉には、「自分はあの人じゃないからできない」という諦めの気持ちが隠れています。
真似できない、学ぶことができない。
つまり嫉妬では成長できないんですね。
尊敬は違います。
「すごいなぁ!あんなに仕事できて!」
どうやったらできるんだろ?という気持ちがここには見えます。
いいところ、参考にできるところを探せるし、自分の中に取り込むこともできます。
嫉妬される人になっても妬むなかれ、ですね。

■ 妬むから尊敬、そして自分の成長へ

【引用】まずは、相手のことを受け入れること。『ライバル』ではなく、『学ぶ材料』にするの。(中略)
相手だって、成績が良かったり、何らかのいい点があるなら、それにはきっと理由があるはず。それを認め、素直にそのすごさを受け入れることが、最終的にあなたにとって一番のプラスになるのよ
【出典】スリーエーネットワーク
『ゆうき式逆転発想勉強術』
著:ゆうきゆう

妬むような相手が現れたら幸せです。
妬みを尊敬に変えさえすれば、格好のモデルになるからです。
真似できる師が見つかれば、成長が加速します。
次妬みそうになったら、
「すげー!どこか真似できんやろか?♪」
探してみませんか?真似できるところ。
それで相手が「友だちになろうよ!」声かけてくるぐらい自分を磨きましょう。
わくわくしてきました。
なんだか嫉妬が楽しみになってきた。
僕もやってみます。
今日もありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »