夢を叶える勝利の女神との交渉術

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 強く思うほどに弱く

不思議なもので、
「絶対こうなって欲しい」
と思って上手くいった試しがありません。
相手がいる場合なんて特にです。
「絶対付き合ってほしい」
こうやって女性にアタックしていて、うまくいった試しがない。
安パイ…そう思われちゃうんですかね…。

■ 強い欲望が弱点に

過度な期待、欲望は弱点になることが多いみたいです。
「これが絶対ほしい!」
足元を見られれば値をつりあげられます。

何かを得ねばならないと思えば、必ず一番高い値段を払うことになる。相手が、こちらを楽に卸せる状態に置くことになるからだ。
【出典】『FBIアカデミーで教える心理交渉術』
著:ハーブ・コーエン
訳:川勝久

交渉でも、
「欲しいよ。確かに欲しいけど、まぁ手に入らないときはそんときかな」
ぐらいの状態じゃないと相手と対等に話を運べないんですね。
言葉は悪いですけど、相手をオトすときも同じではないでしょうか?
「あなたが好きで好きでたまんない!」
というのもかわいいですが、あまりにやりすぎては安売りになっちゃう。
もったいないし、寄りかかられすぎれば逃げたくもなります。
「あなたと付き合えたら嬉しい。
でも付き合えたなくても、あなたを好きになれたことが幸せ」
そんなふうに相手に接していった方が可能性が高くなる…より何より、なんだか素敵ではないですか?
目標、夢も同じかもしれません。

■ 夢は登り続けることこそ素晴らしい

「こうならなければいけない!」
結果を強く強く期待しすぎるのは、その結果を得られなかったときのあなたを激しく挫きます。
挫かれて立ち上がるのに時間がかかる、ましてや立ち上がれず夢をあきらめてしまうのはもったいなすぎます。
「叶ってほしいよ。叶ってほしいけど、叶わなくてもそれはそれでいいかな」
ぐらいが変な話、夢も叶いやすい気がします。
夢を殺すのは「自分自身の諦め」以外にありませんもの。
逆にいえば、諦めさえしなければあなたの夢は生き続けるということですよね。
「叶ってほしいよ。叶ってほしいけど叶わなくてもいいけどね♪」
この考え方、どこかゲーム感覚なところが出てきて、夢に向かう道のりを愉しく思わせてくれます。
キツい顔して登るのも、愉しく道草しながら登るのも、山登りには違いありません。
勝利の女神との交渉も、
「叶ってほしいよ。叶ってほしいけど叶わなくてもいいけどね♪」
長期戦で挑めば、せっかちな女神様がいつか交渉に折れてくれると思っています。
さ、あなたの夢はなんですか?
さっそく交渉をはじめましょうよ。
「叶ってほしいよ。もちろん叶ってほしいけど叶わなくてもいいけどね♪」

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »