夢なんていらない

高瀬のアイデアネタ帳


【引用】
目的意識があると、われわれはその目的を達成することだけに囚われてしまい、毎日の生活を灰色にすることになるのです。

【出典】集英社新書
『「狂い」のすすめ』
著:ひろさちや

■ 夢なんていらない

基本的にはこう思っています。
夢なんていらない。
往々にして、夢は自分を苦しめますから。
夢が叶わない…
達成できない…
叶えば、達成できれば幸福なのに…今は不幸だ…
こんな感じになっちゃう。
こう考えてしまうと幸せは訪れないと思います。
苦しめられるような夢なんて、僕は最後まで追い掛けられません。
それに、たとえ叶っても幸せになれない。
また違うものを夢みるでしょうから。
欲望と同じなんですよ。夢なんて。

■ 夢で遊べるか?

持っていてもいいんですよ。
どんなものでもイイ面もありますから。
でも、苦しめられるだけの夢なんて持たない方がいいでしょう。
それに夢を追い掛けるのが苦しいなんて、さびしいじゃないですか。
それは夢というんですかね?
夢を持ってもいい。
でも追い掛けることを楽しめるか?
わくわくできるか?
そんな夢ではないなら持たないほうがよいでしょう。っと僕は思っています。

■ 好きなこととは?

好きなことってなんでしょう?
それは、
誉められなくても、
利益があがらなくても、
それでもやりたいことです。
好きなことをやってお金が稼げる。
素敵ですが、それはただの確率の問題です。
もうからなくても楽しいからやる。
好きなことってそういうもんです。
作家になりたいなら、いわれなくても、気付いたら書いてる…
そのぐらいでないと面白くないんでしょうね。
さて、あなたの夢は
そこまでの道を楽しめますか?
達成できなくても?


« »

コメントを残す