問題設定でアイデア爆発

アイデアの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ アイデアが生まれない

生徒でもそうなんです。
分からないところを言える子は解決が早い。
「分からないところが分からないんだけど…」
問題を一緒に見つけるところからスタートですね。
問題なきところに、アイデアは生まれません
問題があることは幸せ♪…かな?

■ 解なし?解無限?

義務教育の数学で「解なし」というものはホトンドありません。
同時に、答えが無限にあるものも。
でも、世の中の問題や、あなたが抱えている問題はそうじゃないですよね?
解なしかもしれないし、無限の解があるかもしれません。
そもそも、その問題すら間違っているかもしれない。
嫌ですねぇ。
でも、これは救いですよ。
アイデアが浮かばないとき、問題を違う角度で見てもいいのだから。
いやむしろ、そうしないといけないということです。
問題をたくさん設定することが、アイデアをたくさん生むんですから。
〔問題〕×N1+〔問題〕×N2+…=〔アイデアの数〕
(0≦N1,N2…≦∞)
つまりは、問題を設定すればするほど、アイデアにブチ当たる確率が増えるということです。
逆に、問題を設定すればするほど、問題を間違う確率は減ります。
いいことづくしですね!
【引用】
自分の問題を、明確で簡潔な疑問文にして紙に書く。
問題設定のパターンを増やせば増やすほど、正しい問題設定-そして正しい答え-にたどり着きやすくなる。

【出典】阪急コミュニケーションズ
『シェイク・ブレイン』
著:ジョエル・サルツマン
訳:斉藤裕一

■ アクセスアップ

例えば、
「どうしたらブログのアクセスが増えるか?」
アクセスアップは多くのブロガーの悩みどころ。
でも、問題を具体的にしなければ、間違った解決策にいきつくかもしれません。
少なくともあなたにとってね。
・トラフィックエクスチェンジに登録
・SEO対策に腐心する
・相互リンクを増やす
・個人ニュースサイトにピックアップされそうな記事を書く
・金でメルマガ紹介してもらう。
・金で検索エンジンに広告を出す。
・自分でブログを見まくる
・mixiみたいなSNSと連動させる
・友達に見なければ○○と脅迫する…
・犯罪サイトを立ち上げ、捕まる
・炎上させる
・スパムトラックバック、スパムコメントで…
「自己顕示欲を満たすためにアクセスアップしたい」
「店への集客のためアクセスアップしたい」
「ただカウンターを回したい」
「ブログの副収入を増やすため、アクセスアップしたい」
「愉快犯的行動をでっかくやってやりたいからアクセスアップしたい」
問題が変われば、出てくるアイデアも変わります。
具体的にたくさん設定してみてくださいね!
ありがとうございました。

【出典】阪急コミュニケーションズ
『シェイク・ブレイン』
著:ジョエル・サルツマン
訳:斉藤裕一

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »