先祖に感謝する方法

らくがきアイデア


20110802195617.jpg

■ 思春期の思い出

こんなこと言ったら親を悲しませるかもしれません。
思春期…僕にもそんな時期があったんですが(信じて。ちなみに赤ちゃんやったこともあります。信じて。)、正直いうと家族のことが好きではありませんでした。
フレるものすべてを傷つける、ハリケーンみたいな思春期を過ごしたのですが、もう母親、妹とは顔を合わせれば文句の言い合い。いっつも喧嘩ばっかりです。
「生んでくれなんて頼んでないやろ!!」
…これを自分の娘に言われたら…と思うとゾッとします。なんと残酷な言葉を僕は親に浴びせていたのか…。

■ 親を好きになれない理由

親を好きになれなかった理由は、僕の場合とても簡単です。
「自分のことが好きではなかったから」。
親というのは、自分のルーツです。
自分の大元。根元ともいえる存在。
思春期のときの僕は、「自分が嫌い、自分に自信が持てない」というのを隠すために、「親が嫌い、家族が嫌い」と八つ当たりをしていたのです。
思春期を通り過ぎ、自分のことを徐々に認められるようになってから、家族ともうまくいくようになりました。
僕みたいな人ばかりではないと思うのです。
でも、自分を生んでくれた人を許せない、認められない、好きになれないというのは、もしかしたら自分のことを許せていない、認められていない、好きになれていないのかもしれません。
親が好きになれないから自分が好きになれない…
自分が好きになれないから親が好きになれない…
ニワトリが先かタマゴが先かという話なのですが、解決方法はニワトリでもタマゴでもいいみたい。
でも、おすすめはタマゴからで、まず自分を好きになる。すると自分を生んでくれた親にも感謝できます。

■ オセロの法則

小林正観さんの話でオセロの法則というものがあります。
人生ってのはオセロみたいなもんで、どれだけこれまでが黒でも、今この瞬間が白なら全部白に裏がえってしまう、というものです。
今生きていてよかった、と思えると、一番最初である生まれた瞬間にも感謝できます。
「生まれてきてよかった」
端と端が白なら、これまでの経験も全部白です。
「ヒドい失恋したけど、あれのおかげで今の自分がおるねんもんな」

■ 先祖に感謝する方法

大きく考えてみると、今の自分を好きになることができれば、生んでくれた親、親を生んでくれた祖父母、祖父母を生んでくれた…ご先祖さま全部に感謝できるのかもしれません。
先祖への感謝、そこから入ってもいいと思うのですが、自分を好きになることの方が、手が届いてよいような気がします。
もうすぐお盆ですね。
お盆はただただお墓参りをして、ご先祖さまに「ありがとうございます」をいうように育てられてきました。
その通りやってまいりましたが、本当に感謝できるようになったのは、
「生きてこれて、生まれてきてよかった」
と思えるようになってからです。
一度お墓参りをする前に、
「生まれてきてよかった」
そう自分に言ってみてください。
お墓の前に立ったとき、自然と手を合わせている自分に出会えると思います。
今が白ならことの始まりも白、その間全部も白です。
今日のお話の逆になってしまいますが、もしどうしてもあなたが「生まれてきてよかった」と思えないのであれば、このお盆、お墓参りをして、形だけでもご先祖様に手を合わし、「ありがとうございます」と言ってみてください。
何かが変わるかもしれません。
長い文章、最後までありがとうございました。


« »

コメントを残す