便所飯とは?

高瀬のアイデアネタ帳


便所飯
by:mark sebastian

ホンマでっか!?TVでもおなじみ?
教育評論家の尾木直樹さんのお話を先日聞いてきました。
あなたは便所飯(べんじょめし)ってご存じですか?

■ 便所飯とは

初めて聞いたときはベンジョムシと聞き間違いました。
便所飯?なんのことだろう。
便所飯とは、要するにお昼ご飯をトイレの個室で食べることなんです。
尾木さんも都市伝説のたぐい…本当にある話ではない…そう思っていたそうですが、法政大学の男子トイレの個室に
「弁当食べるな」
という張り紙があった。
尾木さんは授業の最後に感想…というかリアクションペーパーというのを大学の学生さんに書いてもらっているらしいんです。
ある時、二人の生徒が同時に
「学生食堂に一人で入れるわけないでしょ!」
とペーパーに書いて来ました。
そしてホールで行う授業の後、改めて聞いてみたそうです。
「あなたはトイレの個室でお昼を食べていますか?」
400名のリアクションペーパーが集まったら、9名、トイレで食べていると…。
便所飯は本当になされていた行為だったんですね。
でもいったいどうしてトイレで…。

■ 一人で食堂に入られない

女性に多いと思うのですが、一人で居酒屋に入れないことってありませんか?
ファミレス、レストラン…そんなところも一人でいけない人は少なくはないでしょう。
便所飯をする方の心境は、おそらくそれと同じです。
なぜ一人で居酒屋に入れないのか?
・居酒屋は一人でいくところではない
・女一人じゃ、男あさりに来たのかと思われる…
いろいろ理由を挙げられると思いますが、どんな理由でも突き詰めれば
「周りの目が気になる」
ということにおさまるのではないでしょうか。
「誘う人もいないのか」と周りに見られるのが嫌…とかね。
下は便所飯をしている生徒さんに、尾木さんが直接聞いた話です。

「お昼ご飯を一人で食べられないのは、
友だちがいないと思われるのが怖いんです。」

あまりに周りの目を気にするがゆえ、誰も見ていない場所、トイレに隠れてご飯を食べる。
この問題は便所飯をする人たちだけの話ではありません。もっと広範囲に広がる問題です。

■ 大人の要求に気づいてしまう子ども

親にイイ子、先生にイイ子と呼ばれる子どもがいます。
成績も優秀、性格も良い。
非の打ち所がない…。
尾木さんは言います。

学部で一番の子、モラル、先生の気持ちで動ける人、こういう子が空洞化してしまう。ことごとく大学でつぶれちゃいます。

空洞化って何?というと、たとえば
「口が勝手にお母さん好みの言葉を発している」、そんな状態のことです。
優等生であり続けるために、イイ子でい続けるために、お母さんの望むことを言い、周りの大人の要求する姿を演じてきた。
そして気づくんです。
自分で自分の本当の姿が判らないことに…それが空洞化です。

■ 自己像はどこに…

便所飯という現象は、自己の空洞化という根本的な問題から出てきた副産物のようなものではないでしょうか?
私は便所で飯なんか食べない!!
それはそうかもしれません。
でも、友だちとだから学食入れるのではないですか?
レストランに行けるのではないですか?
それはなくとも、
人の目を気にし過ぎる、他人の要求を満たさないと自分の存在価値が見いだせない…そういう人は多いような気がします。

【引用】あなたが人生を組み立てるにあたって、他人の視線に映る自分を最優先するのは間違いだ。
あなたは他人という曇った鏡を一生懸命にのぞき込み、よく見えない自己像を求めて葛藤の海に沈む。
【出典】マガジンハウス『無意識はいつも君に語りかける』P139 著:須藤元気

おしゃれな格好をする、マナーを守る…
健全な範囲で周りの目を意識するのはとてもいいことです。
でも自分の存在理由を周りに求めるのは少し違うかもしれません。
相手の中に自分はいません。自分は自分の中にしかいないのだから。
「これでいいのだ!」
自分で自分をそんなふうに思えたらいいのでしょうね。
では、そう思うためにはどうしたらいいんでしょうか?
疑問は疑問を呼びます。
本日も長い文章におつきあいいただき、ありがとうございました。


« »

“便所飯とは?” への8件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    そして疑問を胸に仕舞い込んだまま、葛藤の海へ沈んでいきます。笑
    他人の評価をすごく気にする時代だと感じています、漏れずに私も。自分が相手の立場だったら果たして「一人でかわいそう」と思うかと言えば違い、そこまで他人を見ていません。
    相手の視点に立って物事を考える機会が減っているのでしょうか。人から好かれたい、そういう願望だけが先行しているのかもしれないですね。

  2. 千石弥一 より:

    コメントありがとうございます(^-^)
    どうなんでしょう。
    好かれたいという願望が先行しているのはそうで、それゆえに相手の立場に立ちすぎているともいえるかもしれません。
    自尊心を相手の評価だけで満たそうとすると、空虚になるのかな…
    人目を気にするのは悪くなくて、それでも自分の価値は自分が決めたいなぁと思うこの頃です。
    ありがとうございました!

  3. 先日 より:

    コメントした者です。お返事ありがとうございます!
    >それゆえに相手の立場に…
    なるほど、と思いました。私が言いたかったのは、周りはそこまで見てないということであって、後半の「相手の立場に立って物事を考えなくなっている」ではないですね。今思えば強引に思えます、すみません。笑
    >自分の価値は自分で決めたい
    おっしゃる通りですね。社会が変わっても自分にひとつ芯のようなものを持てたら、自分と上手く付き合っていけるような気がしました。

  4. 千石弥一 より:

    こちらこそありがとうございます♪
    強引だなんて、とんでもない。
    こちらこそ、わかったふうにエラそうにすみません(^^)
    自分と上手く付き合っていく…一生の課題ですよね♪自分との付き合い、僕も考えていきたいと思います。
    考えが深まりました!ほんとにありがとうございました!!また、お願いします♪

  5. みぃ より:

    私はまだ中学生なんですが、
    もう既に自分が分からなくなってしまいました。
    私は千石さんが書いていたように、
    相手の目ばかり気にしていて、
    大人からは優等生だと思われています。
    私はただ、立派な兄と姉と極力同じこと事をしています。
    今では無趣味で興味がある事も無く、
    性格も分かりません。
    私の日々の生活は、
    ・大人の求めている言葉
    ・友達の求めているテンション
    ・親の求めている行い
    コレだけで出来ている気がします。
    知らない人も苦手であまりコメントは書かない方なんですが、この記事はつい足が止まって書かせて頂きました。
    私はきっとこのままですが、
    少しずつでも自分を手に入れたいと思います。
    長々とすみませんでした。

  6. 千石弥一 より:

    みぃさん、コメントありがとうございます。そして、苦手を越えてのコメント、感動しております。
    もう知らない相手ではないですね♪…調子のりました。
    僕が何を言えるでもありませんが、ここでお会いしたのも縁。その縁に感謝しながら、しかし思うままに書かせていただきます。上の文章と多少違ってくるかもしれませんが、みぃさんの耳の右から左へと流していただければと思います。
    今、みぃさんは相手の思う通りの自分を演じられているのですよね?
    それは言葉を変えれば、相手のニーズに気づき応える力があるということです。
    その力は大変素晴らしいものなので、そんな力を持った自分を誉めてあげてください。
    その力が伸びてくれば、相手をいつでも心地良い状態にすることができるので、周りの人間にとってあなたがオアシス的存在になってきます。
    ただ気をつけてほしいのは、自分の価値というものは自分ではかれるようになるのがよい、ということです。
    簡単にいえば、みぃさんが素晴らしいということをみぃさん自身で知るということ、自分を好きになってほしい。
    周りの人間はみぃさんに色々な要求をしてくるでしょう。
    その要求に応えているから、みぃさんは愛されているのではないと思います。
    応えなくても愛されるべきなんですよ。
    そんな無条件の愛をみぃさんに見せるべき人間がご両親なのですが、誰でも完璧ではありませんので、なかなかうまくはいきません。
    「あなたのためを思って…」
    というような愛に似た暴力を僕もふるってしまいます。あかんなぁ…。
    だから、みぃさんだけはみぃさんのことを好きになってください。
    相手の要求関係無しに自分を好きでいてあげてください。
    そのあかつきには、相手のニーズに応えられるみぃさんの力が、今の何倍何十倍も周りに笑顔を運ぶことができると思います。
    「自分がなんなのか?」
    その答えに悩んでいたとしても、見つからなくてもみぃさんが笑顔になれることを祈りつつ。
    長々と失礼しました。

  7. みぃ より:

    コメントした者です。
    わざわざお返事まで、お気遣いありがとうございます。
    記事を読んだだけでも、力を頂いたのに、
    それに加えこのようなお返事。
    とてもありがたく思います。
    少しの間肩の荷を下ろして、
    悩んでみようと思います。
    千石さんは、とても素敵な方ですね。
    それでは、失礼いたします。

  8. 千石弥一 より:

    とんでもない、僕の方が力をいただきました(^-^)
    みぃさんありがとうございました。

コメントを残す