仏をもてなす方法

禅的生活

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】灯をともしたところに人は来る。人が来たらお茶を出して、話をしておもてなしをする。自分の一番の姿で。

■ 人は光に集まる

「隅を照らす人になってください。」
〜金八先生ファイナルより〜

「お客が来るよ」
「えぇぇぇ!何の準備もしてないのに!?ちょっと!お茶菓子買ってきて!」
「えぇぇ、いらんって。」
「そうはいかないわ!人に出す飲み物も無いんやから。私、部屋片づけておくから」
「はぁい」
お客さんが来るのは楽しいものです。
でも、おもてなしはというと千石よりも嫁がお得意です。心持ちが違います。
家に人が来てくれるとしたら、嫁のおかげでしょう。
部屋も汚い、薄暗い、人としても暗い…となると、なかなか人は集まってこない。
何を隠そう、一時期の僕がそうでした。
人に会う気も無いのだから無理もないか。
飛んで火にいる夏の虫、というのはあまりよくない意味ですが、光に、暖かいところに集まってくるのは人も同じな気がします。
で、実は仏様も同じだそうです。

■ 仏をおもてなす方法

金剛三昧院の住職さんに聞いたお話です。
まず、仏壇に向かうときローソクに灯をつけますよね。
灯は知恵を表すそうです。
知恵は道を照らす光ですので、灯の明かりは知恵。
そして、仏様を呼ぶためには明るい光が必要。
明るくないと仏様はこれない。
真っ暗な部屋には、お客様はきませんもの。
だからはじめに灯をつける。
おっと、明るいといえば仏壇には花を供えますよね?
あの花にも意味があるそうです。
花は仏様が座る場所。
そういえば、蓮の花に座っているか立っているかですね、仏様って。
次は水を供えます。
仏様の世界は火の国だそうです。
喉がかわいてしょうがない。
だからでしょうか。どんなに寒くてもお墓には水をかけて洗う。
お客様をおもてなすときに、お茶を出すように、水を供えます。気づいたときに供える。
そして次はお線香。
お線香の意味は、仏様との対話です。
せっかくのお客様と話しないともったいないですよね。
お香の、その香りで仏様と対話するそうです。
経済の許す限りで、いい香りのするお香をたくのがいいそうです。
そして合掌。
合掌は人の一番綺麗な姿。
相手には一番綺麗な姿、そういう姿を見せたいなと思います。
人をもてなすときも、仏様をもてなすときも、そう聞くと変わらないのですね。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »