今年あなたにおすすめの商人的恋愛術

恋愛のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 成功する商人

あなたは商人だとします。
あなたが新しい商品を売っていくときは、自分の親しい人から売っていかないといけません。
なぜでしょう?
理由は簡単。
自分が売る商品のことを、自分がどう思っているかのバロメーターになるからです。
「これはダメだなぁ…」
人間、詐欺のような品を売りつけなければいけない場合、多くは周りの人にではなく、
「この人に売りつけてもトンヅラできるぞ」
遠くの人に売ります。
信頼関係を潰したくないような相手には売りません。
一方、
「この保険は本当にいい保険だ!」
自分の商品を心から愛していれば、
「俺も買ったのだけど、これは本当にいいよ!」
大好きな人に売りたくなります。
そして、こういう商品は売れます。
「あの人に使ってもらいたいなぁ」
成功する商人は、自分が惚れている品を、信頼してくれている人に売るからこそ成功するんです。
信頼が信頼を呼ぶ商いですね。

■ 自分の利益をもっと追求する

前者も後者も自分のために品を売っています。
どちらの方がその色合いが強いと思いますか?
詐欺の方ですか?それとも大好きな品を売る方?
詐欺は自分の利益だけを考えています。
でももう一方は、相手の利益とともに自分の利益を考えている。
答えが出ました。
親しい人に大好きな品を売る方が、「自分のために」という色合いが強いですね。
詐欺は超短期的な利益を求めた行為です。
いずれ身を滅ぼします。
深いところで自分のことを考えられていません。
もう一方は長期的な利益を求めた行為です。
「あの人なんだから、いい品を売ってくれる」
そういった信頼は、あなたに長期にわたって利益をもたらしてくれます。
詐欺の比ではありません。
自分のことをよく考えられています。
「自分の為」それを追求していくと、「相手の為、それが自分の為」になるみたいです。

■ 商人的恋愛術

恋愛も同じです。
恋愛の場合、大好きな人に売っていく商品があなたです。
相手に自分のことを好きになってもらいたいとき、あなたは自分のことを好きであった方がいいでしょう。
自分を大好きであるべきです。
「私のこと好きになって好きになって好きになってぇ!!」
自分のことばかり。そんなことは相手にすぐに見透かされてしまいます。
押して押してダメなら、ひいてみる。
今年、まずは自分を好きなる努力からはじめてみませんか?
「(いい商品だよぉ!幸せになれるよぉ!)付き合ってください!」
自分を磨いて磨いて、好きな自分になって、大好きな相手におすすめしていきましょうよ。
もちろん自分の為にですよ。
嫁様「あんた幸せもんやな?」
千石「何が?」
嫁様「こんな私と結婚できて♪」
千石「・・・うん・・・」
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »