今すぐ希望を持つ方法

謙虚思考


【概要】先天性四肢欠損症…生まれつき両手両足がない。それでもニック・ブイチチさんは「希望」を持ち続け、さらに人生には限界のないことを人に伝え、その言葉、その振る舞い、その姿で、人を明るくし、希望を与え続けている。

■ ニック・ブイチチという人

ニック・ブイチチさんの動画で人気があるものは、彼がサーフィンしたり、ゴルフしたり、楽器を演奏したり、寝ているところから起きあがったりしている映像を集めたものだそうです。
ブイチチさんには生まれつき手足がありません。
そんな重い障害を持つ方が活発に活動している動画なのだから、人の気をひくのですね。
そんな動画に寄せられたコメントがこれ。

【引用】「この人が幸せにに生きているのに、私は何を悩んでいるのだろう。この人は手足がなくてもこんなに楽しそうにしている。それなのに私は、なぜ外見を気にしたりして神経をすり減らしているのだろう。自分がいかにつまらないことにこだわっていたかに気づかされました」
【出典】三笠書房『それでも僕の人生は「希望」でいっぱい』P23 著:ニック・ブイチチ 訳:渡邉美樹

ニック・ブイチチという人は、その振る舞い、その姿で、人を明るくし、希望を与え続けているのですね。

Nick Vujicic(日本語字幕)

■ ニック・ブイチチさんが幸せなわけ

自分の両手両足が無い…そんな場面を想像できますか?
当たり前に共にしてきた右手左手、当たり前に自分を運んでくれた右足左足です。
まだ伴侶がいないことの方が想像できちゃうのではないでしょうか。
あ、僕の場合はほら、一心同体なんで嫁さんがいないことなんて想像できませんけどね。…いくら現在一人暮らしを満喫しているように見えても…(嫁フォロー)。
話を戻しまして、両手両足が無い状態で、自分が幸せになれるでしょうか。幸せでいられるでしょうか。
ブイチチさんも同じで、毎晩、次の朝に両手両足がついていることを神に願い、自殺をしようと考えたことだってあったそうです。
でも、今は違う。
ブイチチさんは幸せなんです。
その理由は…

【引用】「私が幸せなのは、”自分には欠けているものがあるけれど、ニック・ブイチチという人間としては何一つ足りないものはない”と気づいたからです。
このように考えると、世界が違って見え始めます。私は私として、できることをすればいい。そして、こう思うようになったのです。
自分の人生に限界はない、と。
【出典】三笠書房『それでも僕の人生は「希望」でいっぱい』P23 著:ニック・ブイチチ 訳:渡邉美樹

■ 今すぐ希望を持つ方法

毎日を生きている中で、自分の欠けているところばかり目に入ります。
「100m…3秒で走れたらなぁ…」
「あぁ、一言で女性を口説ける力があれば」
「自由に透明人間になりたい…そしたら女風呂からのスタートなのに」
「時間を止められたら…そんなスタンドがほしい…そしたら女風呂からの(略)」
「かめはめ波、打ちてぇ…ただきえんざんの方が実用的か…」
というのは冗談ですが、「もっと綺麗だったら」と打ちひしがれ、「もっと仕事ができたら」と落ち込む、そんな経験はあなたにもあるかもしれません。
そんなとき、このブイチチさんの言葉はなんと勇気のもらえる言葉でしょうか。
「自分には欠けているものがあるけれど、ニック・ブイチチという人間としては何一つ足りないものはない」
ブイチチさんの名前のところに自分の名前を入れてみてください。
力がみなぎってきます。元気になれます。
「私でもやれる」って。
「僕でもやれる。かめはめ波も打てない僕だけど」って。
あなたには欠けているところがあります。
でも、あなたという人間としては何一つ足りないものはないのですね。
希望をもって、今という時間を生きましょうよ♪
長い文章、最後までおつき合いいただき、ありがとうございました。


« »

コメントを残す