一休さんの遺書

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

僕の携帯は「一休さん」が一発変換できません。
《ひとやすみさん》を変換して、「一休みさん」にしてから、《み》を消します。
失礼な感じがする上に、面倒…。
我が国を代表する人生哲学の偉人にダブルで申し訳ありません。
で、ここからが中谷彰宏さんのお話。

■ 一休さんの遺書

【引用】
「困った時には、これを開けよ」
一休さんの遺書を開けると
こう書かれていた。
「心配するな。なんとかなる」

【出典】ダイヤモンド社
『中谷彰宏名言集』
著:中谷彰宏

僕が一休さんのお弟子さんなら、遺書を開けた瞬間凍り付き…笑っちゃいそうです。
〈これこそ、一休さんの究極の人生哲学なのです。〉
うん、なんとかなる!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »