[ω]ミニマム・ライフコストという発想

自分ブランディング


【概要】年収が上がるたび、生活のレベルを上げる…それは不安を生むライフスタイルかもしれません。もし身軽さ、自由を手に入れたいなら、ミニマム・ライフコストの考え方を持つといいようですよ。

ミニマム・ライフコスト

■ ミニマム・ライフコストという発想

【引用】お金から自由になるために、”ミニマム・ライフコスト”という発想を持とう。
一年間生活する上で、最低限必要なランニングコストはいくらか。

【出典】サンクチュアリ出版『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』P53 著:四角大輔

今のところ、我が家が1年間暮らしていくのに必要なお金は200万というところでしょうか。

もしかしたらもっと切り詰められるのかな?

ま、おいておいて、「ミニマム・ライフコスト」の発想を持つと、いざってときに挑戦する力になるみたいです。

■ ミニマム・ライフコストの発想で挑戦する力を得る

夢・目標、なんでもいいんですけど、それに挑めないときというのは、

「家族を養っていかないといけないから…」
「収入が得られなくなるのが怖い…」

今の生活だかなんだかを失うのが怖くて挑戦できないのですね。

そんなときに力になってくれるのが、この「ミニマム・ライフコスト」の発想のようです。

一年間の生活でどれだけかかるか、最低限どれだけ必要か判っていれば、

「貯金が400万ある…2年は生活していけるはずや!」

と、全身全霊で挑むことができます。
逆に、

■ 足かせになる考え方

収入によって、生活のレベルを上げていくと、不安が増えるようです。

年収が200万で、ミニマム・ライフコストが200万。
年収が300万になったから、ライフコストを300万に上げる…年収400万になったので、ライフコストを400万…

当然貯金もできないのですが、

「上がった年収が下がったらどうしよう」
「突然リストラされたら…職を失ったら…」

生活レベル、年間のライフコストが上がっているので、急な出来事で一気に今の生活が保てなくなる…と考え不安になってしまうのですね。
足かせです。挑戦する気がまるでなくなってしまいます。

でも、年収が上がっても、常にミニマム・ライフコストを考えていれば余裕が生まれます。
年収が上がれば上がるほど、どんどんどんどん余裕が生まれてくる。

それが挑戦する力を生み、いざというときの強さを出してくれるのかもしれません。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたに良きことが雪崩のごとくおきますように

photo by: DaveLawler

« »

コメントを残す