マネび

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
「おどろくかもしれないが、ペドロはきっと喜ぶだろう。そして君に興味を示すだろう。成功した人と話し、そして彼らのまねをしなさい。すると、君も彼らのようになれるのだ」

【出典】飛鳥新社
『ホワンの物語』
~成功するための50の秘密~
著:ロバート・J・ペトロ
訳:山川紘矢 山川亜希子

■ 学びの基礎

『学ぶ』は「まねぶ」です。
どんな学びも、先人の通った後をなぞるのが第一歩。
赤ちゃん、子どもは「まねぶ」のプロ。
良くも悪くも、なんでもマネやがります。
進化がハエぇハエぇ。
先に人が通った道は、通りやすいですから。
なんで大人が「マネび力」を使えないのか?
いやいや、使ってないだけです。
使えば、子ども並の進化が遂げられる。
同じ人間だから。
っていうか、みんな「元、子ども」だから。
大人なんて、子どもにカラがかぶさってるにすぎませんよ。
子どもが持ってる潜在力を大人が持っていない…
ウソウソ!
常識知識、思い込みは捨てられます。
カラを破り脱皮しましょうよ!
生まれたままの姿で学びましょうよ!

■ マネるものを見つける

話がそれにそれました。
モニターの前で裸になったところで…
何をマネるのか?
あなたがなりたいことを基準に考えます。
○社交的になりたい…
社交的な友達をまず探してください。
で、身振り手振り口調表情を観察します、マネびます。
○読みやすい記事を書きたい…
好きなライターさんの記事を見つけます。
文の長さ、句読点の入れ方、観察したり、書き写します、マネびます。

■ 3ステップ

マネぶステップは三つ。
1、モデルを見つける
2、モデルを観察
3、観察で気付いたことを自分に適用
行動は自分にたいする一番の暗示です。
これで急速成長は間違いありません。
さらに、子どもと違って良いところだけマネべるのが大人のよさ。
遊び心ではじめませんか?
急速成長は「マネび」から。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »