マクドナルドCEOに学ぶ、今求められているスピード

すぐやる人のアイデア


【概要】「いいかもしれない」と思ったらやってみればいい。やる前に検証していたら遅くなる。検証はやりながら、もしくはやった後。

日本マクドナルドホールディングスのCEO、「今求められているスピード」について原田永幸さんがこんなことをおっしゃっていたそうです。

■ 今求められているスピード

【引用】従来は一つの新しい事業プランが構築されると、それを実行するかはまず、市場分析やテストマーケットを行ってから決定するのが常でした。(中略)
そんな無駄な時間を浪費するよりも、そのプランが『絶対にお客様に喜んでいただける』と確信できるものならば、とにかく実行に移すのがベストです。私は常々、
『決定したことをすぐやれ、はもう古い。決定しなくてもいいから、いいと思うプランはすぐに実行しろ。実行しながら検証して、ベストの結果を出せ。それが、今求められているスピードだ』と明言しています
【出典】永岡書店『すぐやる化習慣術』P83-84 著:夏川賀央

「この工夫、いいんじゃないから」
と思いついたとき、「いやいや、そんなんやっても大した効率アップにならんやろ」と即検証に入り、ボツにすることがよくあります。
千石などはブログの記事に特に。
「あっ、このネタで記事を書いたらどうやろ」すると即、
「いやいや、役に立ちませんよ、そのネタじゃ」…とやっている。
役に立つかどうかは僕が決めることじゃないのにね。それを読んだ人がどう思うかだけ。もしかしたら100人に1人でも「なるほどな…」と思ってくれるかもしれない。
その人のためだけにでも書く意味はあるはずです。
ましてやマクドナルドのように大きくもないのだから、僕などの背負うリスクは無いに等しい。
形にしないだけ、もったいないと思いませんか?

■ 検証前に即実行

何かアイデアをひらめいたら、検証してから形にするのは遅いかもしれません。
むしろ、検証したら「厳しい検閲」を通れず、そのほとんどが形になることすらできないかもしれない。
やっぱり、やっぱりもったいない。
小さくていい検証前に形にしてみませんか?
ブログなら、とりあえず記事にしてみる。
企画なら「アホな企画思いつきました」ぐらいの軽い気持ちで提案してみる。
日常のひらめきなら、
千「ここにサランラップかけたら使いやすい、と思って♪」
嫁「あぁ、そうね…いや、邪魔かな。洗濯の。」
まぁ、人にボツにされても、形にしたことに意義があるぐらいでいかがでしょう♪
検証前にやってみる。ボツにしていたかもしれないことを形にするのは遊び心ですよね。愉しさ増える気がします。
今回もありがとうございました。


« »

コメントを残す