ブログ記事が滞る一つの原因

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 記事が書けない!?

「ブログが手に着かない」
と記事が滞ることがよくあります。
いつも読みに来てくれているのに、
「あ、更新されてない…」
残念がってくれる皆さん、いつも応援ありがとうございます。
「更新されてない…よしっ!」
これは嫁さん。
嫁「まったく!記事なんて書いてないで家のことしてよね!」
ははー!その通りでございます。
ま、家事の話はさておいて、
今まで書いていたブログを書けなくなる、
という自分なりの原因をつかみかけています。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】自分で物事に立ち向かい、考える際に大事なのは、「完璧主義を捨てる」ということです。分厚いハードカバーでも隅から隅まで読む必要はなく、読みたいところだけ読めばいい、わかるところだけ理解すればいい、と割り切ります。
【出典】ダイヤモンド社
『起きていることはすべて正しい-運を戦略的につかむ勝間式4つの技術-』
著:勝間和代

■ 本を読めない理由

「なんで勝間さんのこの本のここをこのタイミングで引用してくるんだ?」
好きだからです。紹介がてら?
…いえ、ほんとは理由があります。
常々自分が行動を起こせないときは、対象を大きく見てしまっていることが多いんです。
買った本を積んだままにしておくのは、なまじ端から端まで読み切らないと気がすまないせいで、いざ読み始めるのに気合いがいるんですね。
さらに頭ん中で音読してるようなスピードで読んでるもんだから時間もかかります。
だから読めない、読み始められない。
それでも幸運なことに僕の場合は電車通勤ですので、週に二冊読めます。
…積んでるだけの本もなくならないのだけど…
勝間さんのいう通り、完璧主義を捨てればいいのだと思います。
手付かずで置いておくより、読みたいところだけ読む方が得ですよね。
もっといえば5ページおき読んだって、読まないよりマシ。
僕の場合などは、80対20の法則ではないですが、全部音読したところで頭に二割残っていたらいい方。
なら始めから「二割読んだらいいや」ぐらいの軽さで読めばいいんですよね。
ブログの記事もそうです。

■ ブログの記事が書けなくなる理由

これも完璧主義の変なプライドとかが邪魔しています。
「自分のために、誰かのために、何かしら役に立つ記事を書く!」
というのが、このブログの核なんですが、
「記事がこんなんじゃ箸にも棒にも枝にもフックにもひっ掛からないよ」
とアップできない。
そんな大層なことは普段からできてないんです。
それを忘れちゃって、ちょっと傲慢になっているところがあるんですね。
「ちょっと役に立てればいいや。少なくとも自分のメモにゃぁなるだろ」
ぐらいの気持ちであれば、記事を更新できるんじゃないでしょうか。
「笑えるブログを書きたい!…けど最近筆がすすまなくて」
なら、微笑んでもらえる程度のものならどうでしょう?
「読んでもらえるようなものを書く!…なかなか書けないんだこれが」
読んでくれる人はちゃんと読んでくれます。
気負わず、「自分が読むし」ぐらいの気持ちで書いてみてはどうですか?
人に読まれることを意識するのは大切です。
でも意識しすぎて、人前に出られなくなるのはもったいないですよね。
下げられるハードルなら、下げてみてもいいと思います。
飛べなくなるより何倍もマシ。
気楽にブログ、楽しみましょう♪
つたない記事、今日も読んでくださりありがとうございました。
勝間和代さんの『起きていることはすべて正しい』オススメです。
…まだ74ページですけども。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »