パートナーの良し悪しリトマス紙

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 本当の友だちリトマス紙

リトマス紙…久しぶりにこの言葉を使いました。
「酸性なんか?アルカリ性なんか?赤が青でアルカリやっけ?」
テスト中によく考えたなぁ。
ところで、自分にとって良い友だちかどうかを見るリトマス紙があります。
なんだと思いますか?

【引用】ほんとうのなかまとは、手をにぎりあい、肩を叩きあいながら、自慢話をしあえる相手のことだ。
【出典】『人間のうた』著:深澤義

なるほどです。
気持ちよく相手に自慢でき、快く相手の自慢話を聞ける。
確かに素敵な関係です。
これをふまえまして、では、あなたにとって恋人、パートナーが良いのか悪いのかを判断するリトマス紙は?

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】自分がつきあっている男がよい男かどうかを知るよい手段があります。それは、その相手のことを友人にのろけられるか、ということです。
【出典】ディスカヴァー21『インディでいこう!』
著:ムギ(勝間和代)

■ 良きパートナーになるために

ドキっとしました。
自分はのろけているんです。
けど、自分がのろけてもらえるような男なのか…というとまったく自信がない。
できることなら死ぬまでには、伴侶に自慢されるような男になりたいものです。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »